こんにちは、おっこちゃんです。

 

内閣改造について僕がネット上の意見をざっくり見た限りでは、予想に反してかなり冷めた意見というか安倍首相がもくろんでいる支持率のV字回復は難しそうな印象を受けます。

 

ここでは、外務大臣に就任した河野太郎氏とその父親である河野洋平氏が発表した有名な河野談話について改めて紹介してみたいと思います。

 

これは戦争中の慰安婦についての談話ですが、知識も先入観も持っていない方には特に是非読んでみていただきたきたいと思います。

スポンサードリンク

 

【河野談話全文】

慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話

 いわゆる従軍慰安婦問題については、政府は、一昨年12月より、調査を進めて来たが、今般その結果がまとまったので発表することとした。

 今次調査の結果、長期に、かつ広範な地域にわたって慰安所が設置され、数多くの慰安婦が存在したことが認められた。慰安所は、当時の軍当局の要請により設営されたものであり、慰安所の設置、管理及び慰安婦の移送については、旧日本軍が直接あるいは間接にこれに関与した。慰安婦の募集については、軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たったが、その場合も、甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接これに加担したこともあったことが明らかになった。また、慰安所における生活は、強制的な状況の下での痛ましいものであった。

 なお、戦地に移送された慰安婦の出身地については、日本を別とすれば、朝鮮半島が大きな比重を占めていたが、当時の朝鮮半島は我が国の統治下にあり、その募集、移送、管理等も、甘言、強圧による等、総じて本人たちの意思に反して行われた。

 いずれにしても、本件は、当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題である。政府は、この機会に、改めて、その出身地のいかんを問わず、いわゆる従軍慰安婦として数多の苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し心からお詫びと反省の気持ちを申し上げる。また、そのような気持ちを我が国としてどのように表すかということについては、有識者のご意見なども徴しつつ、今後とも真剣に検討すべきものと考える。

 われわれはこのような歴史の真実を回避することなく、むしろこれを歴史の教訓として直視していきたい。われわれは、歴史研究、歴史教育を通じて、このような問題を永く記憶にとどめ、同じ過ちを決して繰り返さないという固い決意を改めて表明する。

 なお、本問題については、本邦において訴訟が提起されており、また、国際的にも関心が寄せられており、政府としても、今後とも、民間の研究を含め、十分に関心を払って参りたい。(1993年8月4日、外務省ウェブサイトより)

 

 

【一旦さがって考えられないか】

 

お読みいただき、どのような感想をお持ちになったでしょうか。

 

 

慰安婦問題については、ずーっと続いていますが、特に問題なのは戦争当時に政府が強制連行に関与したかどうかという点であり、ジャーナリストの櫻井よしこ氏は、ロジカルに政府の関与の証拠は何一つないこと、また河野談話が一人歩きし始めていることに憤慨して書いておられます。

日本を貶め続ける「河野談話」という悪霊

 

 

それにしても、この問題に関しての賛成反対を問わず、強い言葉、汚い言葉でのやり取りは目を覆うばかりです。

 

 

国内もそうですが、韓国との関係でもそうです。

 

 

河野談話の白紙撤回を求める市民の会

河野談話を守る会

 

 

力関係はよくわかりませんが、こうした対立する二つの会もあります。

 

 

現在は河野談話を日本政府が正式に取り消していないわけですが、かなり感情的にみえる対立は新たな価値の創出とかでもなければ解消しないでしょう。

 

スポンサードリンク





 

かなりの人数の聞き取りの記録もあるようなので、そこにどっぷり浸かれば何かみえてくるかもしれませんが、戦争という特殊な状況を考えるという視点がない限り真実には到達しないのでないでしょうか。

 

河野談話については、このように大きな対立が渦巻いているのですが、その河野洋平氏の息子である河野太郎氏が外務大臣となることは、僕には対中国、対韓国に対してあらたな仕掛けが可能だし安倍首相はそこに何かの狙いがあったと観ます。

 

 

河野太郎の父で外相や自民党総裁を歴任した洋平氏は、歴史認識や東アジア外交などをめぐり、安倍氏とことごとく対立してきましたが、太郎氏も河野談話について明確なコメントをしていませんし、河野談話はあくまで政府としての発表であり洋平氏は発表の役割を果たしただけという認識です。

 

 

父と長男に共通するのは、ともにハト派である点ですが、今後、内閣内でどのような動きがあるかは、その歯に衣着せぬ言動(嫌う方も多いようですが)と共に楽しみな点です。

 

 

また韓国外務省は河野太郎氏の外務大臣就任を歓迎しているようです。

 

 

僕はこの慰安婦問題が感情的なものが入っている限り、解決は出来ないと考えていますが、それに先立ってより率直な韓国との対話が重要ではないかと思っています。

 

 

それと、一歩引いて物事をみることで観えてくるものもあると信じています。

 

 

それにしても、この河野太郎氏だけではないのですが、今回の内閣改造に対しての国民一般の感想が冷めていることは驚きです。

 

 

その主な原因は安倍首相の加計問題についての答弁に納得していないからです。

 

 

自民党を積極支持するわけではない人たち、つまり満足していないけれども他に受け皿がないので「仕方なく」支持している多数の方々も、現在の安倍内閣は森友、加計問題での説明で失った信頼の回復は信頼を得ることよりもはるかに難しいと思います。

 

 

いずれにしても、今回の組閣から次の首相がどのような展開で決まってくるのか、しばらく目が離せませんね。

 

 

お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

20170804 by okkochaan