トレンディーおっこ

 

こんにちは、最近、まじめにいろいろ悩んでいるおっこちゃんです。

 

今日は、「そもそも人に教えるのが可能なのか」ということについて、日ごろ思っていることを
書いてみたいと思います。

 

アフィリエイトに限らず原理原則について考えてみたいと思います。

 

これから書くことは、マインド論とかが流行っていますが、こんなことを書いた人には、
お目にかかったことがありません。

 

では、始めます。

 

スポンサードリンク

 

ほとんどの方は、学校に通い、小学校から高校まででも12年間も授業を受けて学んでいます。
大学を入れれば16年間、幼稚園を2年、留学や大学院を2年いれてみると、なんと20年間も
学校というところをメインに過ごしているわけです。

 

生物学的には、高等生物になればなるほど、成人までの時間と期間が長いというわけなのですが、
それにしても、ため息が出るくらい長いです。

 

あらためて考えてみると、これはすごいことだと思います。

 

では、学校には何のために行くのでしょうか。

 

第一義的には、大人になって困らないように、本を読んだり手紙を書いたりできるように、
文字を教えたり、消費税の計算ができるように算数を教えたり、社会の仕組みを知るために、
地理や歴史を教えたり・・・

 

こう考えると、少なくとも小学校は必要かなとも思うのですが、はたしてそうでしょうか。

 

もし、その子の身近に、ちゃんとカリキュラムを組んで、基本を教える人がいれば、
問題なくできるのではないでしょうか。

 

トーマス・エジソンが「なぜ?なんで?」があまりにも多く、いってみれば障がい者に等しく、
小学校で見放されてしまった話は有名です。基礎の教育をしたのは母親でした。

 

エジソンの疑問の根底から丁寧に根気よく説明したことにより教育はなされ、
エジソンの好きな科学の分野については、一人で図書館で学んだわけなので、
独学といっていいと思います。

 

反証は一つあれば足りるので、つまり、僕は学校は不要と考えているわけです。

 

同様に、ネットビジネスを学ぶことも、塾にいく必要を全く感じません。

 

しかも、今やネットで学べないことのほうが少ない時代となりました。

 

ますます、学校は不要ではないでしょうか。

 

僕は今でも、はっきりと覚えていますが、高校2年の時に、もはや学校で学ぶことはないと
はっきりと自覚しました。

 

高校2年といえば、これから大学受験でいよいよ勉強が大変になるという時期です。

 

しかし、傲慢な態度に見えたかもしれませんが、その自覚は、あまりにもはっきりしていました。

 

本心から、「僕に何か教えられるという人がいたらお目にかかりたい」と思っていたのです。

 

それにもかかわらず、僕が大学に進学したのは、僕を縛りつける第二の呪縛、すなわち、
家族から離れたいと強く思ったためです。

 

さて、以上から、僕の考えはさらに発展し、「そもそも人に何か教えることは可能なのか?」
という疑問を持つようになりました。

 

スポンサードリンク





そして、これについても答えは出ていて、それは、
「なにびとであろうと、人に何か教えたりすることはできない」
という日本国憲法みたいな結論になっています。

 

もちろん知識の単純な伝達や吸収を補助することを、通常は「教える」というので、
その意味であれば、教えることは可能なわけです。

 

しかしながら、知識については、自分から主体的に調べたりすることにより、ほとんどの
知識は得ることができるし、そうしたほうが身につくものだと思います。

 

僕はメルマガで教材をネットから拾って来て紹介したりしています。
それは、自分で作れないこともありますが、おそらく僕が作る以上に、
ちゃんとしたものが、ほとんどの場合、すでにあるので、作る意味すら感じないためです。

 

ただ、ネットビジネスの場合についていうと、あまりにも情報が多すぎるので、
うまく探せるようになるために、整理して提示してあげることぐらいでしょうか。

 

つまり、四則演算もできない方が、微分積分の勉強をしたりしないように、注意してあげる
ことぐらいかなと思っています。

 

そのうえ、高額塾に入って結果がでなかったり、そもそも高額塾の質が悪かったりと
罠がたくさんあるので、そこに引っかからないようにしてあげることぐらいかもしれません。

 

しかし、これらも、いずれはわかるでしょうから、「教える」というほどのものではないです。

 

高額塾で300万円使って結果がゼロ、そこから独学で奮起して成功した方もいらっしゃるので、
詐欺商材すら反面教師ということになる場合だってあるのです。

 

こう考えると、なんでもそうですが、人に教えるということは、あり得ないことであることが、
少しは理解できたでしょうか。

 

あるのは、人に教えていると錯覚している方と、教わっていると錯覚している方がいること
だけなのです。これが事実なのです。

 

私の知る限りでは、仏教はこのことに当初から気づいていました。

 

ゴータマ・シッダルタ(ブッダ)は、そもそも覚者となり悟ったときに、そのまま入滅しようと
しました。マーラ(悪魔)の勧めがあったからではありますが、かなり心が動いたことも
事実です。それは、自分の悟りを言葉で伝えることが、あまりにも困難であり、自分の
境地に達するように教えることは不可能だと考えたという説もあります。

 

しかし、天子たちが「人間であるあなたが、ここまでの悟りを開くことは実に稀なことです。
ぜひ、あなたの教えを広め衆生を救ってください。」と説得したといいます。

 

しかし、ブッダは経典を残しませんでした。これはキリストもマホメットも同じです。
我が国でいえば、親鸞もそうです。

 

ここから私たちは何を知るべきでしょうか。

 

僕は人に重要ななにかを教えることは不可能だという考えであるため、実際的には、
仏教に言う、不立文字(ふりゅうもんじ)に答えがあるように思っています。

 

つまり、もっとも重要なことは、体験的に伝える以外できず、言葉にならない、
あるいは、言葉にした瞬間に意味が変わってしまうと考えています。

 

そして、僕はいつかお話したこともある、ネットビジネスでただ一人、師とあおいでいる
行方不明の師から、その部分は確かに受け取ったと思っているのです。

 

だから、自分もひとに何か教えられるようになれればと、心から思っています。

 

以上、まじめバージョンのおっこちゃんでした。