こんにちは、おっこちゃんです。

 

いきなりですが・・・

 

僕はサイトを作ったのはいいのですが、どうもシニアに興味がないことがわかりました。

 

これを始めたときは、ただ漠然と日本の今後ますます加速する高齢化社会から
当然、シニア固有のニーズがあるはずだと考えました。

 

そして、シニア固有のニーズ把握の試みをいろんな方や会社が取り組んでいることを
しりましたが、同時にその固有のニーズを把握することについて、非常にターゲットが
絞りずらいことも確認しました。

 

そうなると、ここで道は二本に分かれるので、いずれの道をとるべきかの選択が
必要だと考えました。

スポンサードリンク

 

片方の道は、シニア固有の道をあくまで追求する道

もう片方の道は、シニアというカテゴリーをはずす道

 

そしてこれについて、結論をくだす前に、そもそも僕はシニアとは何かから
再度考えて、結局、シニアに興味があるのかという、そもそも論に
おちいったのです。

 

シニア固有の道とは、さらにテーマを分科させると、こうなります。

 

人生で残された時間が少ない ⇒ 別にシニア固有ではない

介護の問題 ⇒ 介護されることがシニア側から問題になることより、
介護する側の問題のほうが、はるかに大きい

熟年離婚 ⇒ 現在の離婚率があがっているかどうか定かではないですが、
ベースとなる経済的な問題があると思われる

孤独死あるいは身寄りのない老人 ⇒ その生涯がどのように無価値に
見えても、それを描くのは小説ならば可能かもしれないが、ブログではない

孫へのプレゼント ⇒ いつの時代も変わらないと思える

病気と死 ⇒ シニア固有ではない

お金の問題 ⇒ 貧乏なシニアはこれから増えるだろうが、貧富の差、
家族の有無、家族の愛情など、それに特化して書いていくべきだが、
貧乏な若い世代ほどにはテーマが絞れない


スポンサードリンク




 

まだまだ、あると思いますが、決定的なのは、シニアはSNSに興味を
もつ方がまだまだ少ないというのが決定的かもしれません。

 

結局、僕は3年前にネットビジネスに目覚めて、それ以来ずっと取り組んで
いますが、「そもそも人に教えることが可能か?」という記事で書いた通り、
人に教えることは不可能であると考えています。

 

記事案内: そもそも人に教えることが可能か?

 

教えることが不可能であれば、教わることも不可能なのです。

 

実は、教わろうとしているから、いつまでも稼げない方が多いのかもしれません。

 

ワザは盗むものであるし、それに自分で手を加えることも必須なのです。

 

以上から、まとめると僕の考えはこうなります。

 

アフィリエイトで成功するために、年齢・性別・能力すら、一切関係ない。

能力の差は年齢の差でできるわけではない。

従って、アフィリエイトにおいては、シニアだからといって有利でも
不利でもない。

であれば、僕の「ブログアフィリエイトをするシニア おっこ」というのは、
たいして意味のない言葉となる。

 

とまあ、こんなつまらない結論となってしまいました。

 

申し訳ありません。

 

僕は、これからは心して、より面白い記事をかけるように努力してまいります。

 

以上、おっこちゃんでした。