こんにちは、おっこちゃんです。

 

今日は久々にアフィリエイトノウハウについて書こうと思います。

スポンサードリンク

 

【最近、情報商材について思う事】

 

最近感じているのは、アフィリエイトについての情報商材がトーンダウンしているのではないかということです。

 

 

これは、内容が薄い情報商材が少なくなっている点はいいことかもしれませんが、実際問題として、詐欺的な商材が売れなくなったためではないでしょうか。

 

 

もしくは、情報商材は形を変えて今も健在であり、僕の方が変わったのでしょうか。

 

 

僕もこれまで、情報商材をいくつか購入してきましたが、それは、情報弱者の立場での購入でした。

 

 

情報商材には、なんだかんだいっても不思議な魅力があります。

 

 

それは、今度こそという気持ちかも知れず、この商材でこれまでの投資はすべて解消し、一発逆転できるという気持ちだったかもしれません。

 

 

 

そして、結果は残念ながらついてこないという繰り返しでした。

 

 

 

ただ、時間をおいて再度その商材を見てみると、あらためて、何をいっていたのか理解できることも多々あり、結局、僕は知らず知らずに知識・ノウハウが進歩していることも理解しました。

 

 

僕は情報商材については、現在はほとんど必要なしと考えています。

 

 

その最大の理由は、ノウハウについては、ほぼ100%ネットから得ることが出来るからです。

 

 

アフィリエイトという仕事についていえば、他の仕事と何ら変わりません。

 

 

念のため特徴を列記すると以下のようになります。

 

 

1.インターネットというレバレッジの利く場所での仕事であるため、時間的拘束が少ないこと。(これは、9時5時で通勤して働く必要がないという意味で、労働時間が少ないという意味ではありません)

 

 

2.特に初期段階において、労働時間とその対価である収入が比例しないこと。(最終的には努力した人が勝利をつかむので、大きな眼で見れば努力と収入は合致しています)

スポンサードリンク




 

【ネットビジネスは夢がないか】

 

よく言われることですが、アフィリエイトの95%は5千円以下の月収であるという事です。

 
このところの調査だと、この割合は改善しているかにも見えますが、一方で本当に稼いでいる人は一握りに集中する傾向も強まっているように思います。
そうすると、ネットビジネスは夢がないのでしょうか。

 

 

他の仕事とさして変わらないのであれば、あえてリスクなどとらないほうがいいのではないかという疑念が当然生じると思います。

 

 

かつて「1億円なんて秒速で稼いじゃうんですよね」と言った方は海外にいらっしゃるようですが、彼のあおりの影響は大きかったなと思います。

 

 

個人的にも少なくとも夢を見させてくれたことに感謝しています。

 

 

ネットビジネスについては、まず、ワンクリックで月10万稼ぐとかいったことは、すべて偽りであることをまず肝に銘じてください。

 

 

 

また情報商材を売るためにネットワークビジネスがまた息を吹き返しているように思いますが、これは長い目でみれば寄り道だと思います。

 
あなたがネットビジネスに向いているかどうかの判断ですが、文章を書いたり、サイトのメンテナンスをしたり、時には質問に答えたりすることが面倒で自分に合わないと感じたら、いさぎよくやめた方がいいと思います。

 

 

特に文章を書くことについては、文章を書くことで収入を得るわけですから、下手でいいはずがありません。

 

 

これは、動画を作るにあたってもベースにあるのは文章を書くことと全く同じだからです。

 

 

 

外注にすればいいのではないかと思うかもしれませんが、将来的に外注にするにしても自分で記事を書くノウハウについては完璧にもっている必要があります。

 

 

文章を書くことついては、第一に慣れること習慣を作ることで克服できます。おそらく、99%の方は問題ないと思います。

 

 

松尾芭蕉の「古池やかわず飛び込む水の音」という俳句は詠めないにしても、ネットでは簡潔にわかりやすく書くことを心がけて数をこなしていけば、必ず克服できるのです。

 

 

でも、自分に向いていない、あるいは毎日文章を書くことを希望しないとなれば、それは選択の自由であると考えます。選択の自由とは生き方の自由のことです。

 

 

だから僕は、ネットでお金を稼ぐことについては、興味があれば、まずはやってみること、それも最低でも3か月は死んだ気になって、死に物狂いの強い努力が必要だと思います。

 

 

そして、継続するかどうかの判断を3か月後にすると決めるのです。

 

 

 

【資産構築という考え方】

 

ネットビジネスでも特にブログアフィリエイトをすることを、Web上に不動産を持つことと同義にとらえるという考え方があります。

 

 

これは正しいです。

 

 

しかも、この資産構築は、気長に気を楽にやっていけばいいので、さしてストレスもかかりません。

 

 

ただ、なるべく一日一記事は書くように努力するのです。

 

 

すると、知らないうちに、庭に果物のなる樹を植えたように、サイトはすくすくと育っていき、ふと見ると大樹になっていたりします。

 

 

こうした特徴からも、僕はブログアフィリエイトはシニアの方のほうが向いているのではないかと考えています。

 

 

なぜなら生きた年数が長いだけ経験に基づいた話ができるわけだし、記事を書く時間も比較的作りやすい方が多いと思うからです。

 

 

だから、何も考える必要はないし、まずは日記ブログでいいし、当初は無料ブログでもいいので、一日でも早くこのブログを書くということを習慣化すればいいと思います。

 

 

スポンサードリンク




 

【ブログの数は多い方がいいのか?】

 

先日、ある方から、この質問を受けました。

 

 

特にブログを始めたばかりの時には、当然生じる疑問だと思いますが、これについて、僕の考えを書きます。

 

 

答えを先に言うと、「どちらでもかまわないですが、自分の性格をよく観察して決めましょう」ということです。

 

 

僕は、あまり器用なほうではないので、一点集中を好みます。つまり、一つのブログでやりますし、人にもそう勧めていますが、こればかりは絶対ではありません。

 

 

まずは、大まかなテーマを決めてブログを開設しますが、内容は雑多になってもカテゴリーで分類しておけばいいと思います。

 

 

そして、そのブログが多少の気候の変化や嵐がきても倒れない樹に成長するまではその状態で頑張ります。具体的には、最低でも月10万円の収益があがるまでは続けます。

 

 

そして、10万を超えた段階で、そのブログはこれまで人気のあった記事やカテゴリーのみにし、そのほかのカテゴリーで育ちそうな株を株分けして別なサイトを作っていき、以下同様に進めます。

 

 

よくペナルティで検索順位が落ちるリスクがあるから、複数のサイトを持った方がいいとおっしゃる方がいます。

 

 

これは正しいのですが、端的にいって、それはある程度稼いでいる状態になってから考えればいいことです。初期の段階で考えるべきことではありません。

 

 

それに、グーグルアドセンスについて言えば、ペナルティはアドセンス保持者に対して行われると考えた方がいいので、どちらにしても、記事の質は重視すべきです。

 

 

ただ、一つでどうしても収まりきらない、例えば、物販のサイトは別に作りたいというのであれば、それはありだと思います。

 

 

しかし、例え2つのサイトであっても、同時に強い努力をすることは僕の場合は難しく、二兎を追う者は一兎をも得ずになることが見えています。

 

 

特に初心者の方にとっては初報酬を早く獲得することは、モチベーションの維持のためにも重要なので、ひとつづつ成功させていくほうがいいかと思っています。

 

 

すごく平たく言うと、複数の女性と付き合っているのと同じ状態なのです。

 

 

これまた僕には絶対できないと思っています。

 

 

デートに行った共通の思いでとかがごっちゃになってしまい、結局どちらと言ったか覚えていないために、例えば、「一緒にいったあの公園、楽しかったね。カモの親子が泳いでいたね」とか、違うほうの女性に話してしまったりすれば当然、「誰と行ったの!」となることは必至だからです。

 

 

僕は漢方に興味があって、本をもっているのですが、そのなかに、漢方を勉強するのに、「散木になるな」という言葉がありました。

 

 

つまり、中途半端な知識ばかりもっていても、小さな木がたくさんあるだけの状態なので、大木に育つ、すなわち成功したりその道を極めたりすることは出来ないという事なのです。

 

 

一つのサイトであっても、いろんなことに興味を持ちつつ、それをブログで自分の考えとして書いていくことにより、見えてくるもの知識として得られていくものは非常に多くあります。

 

 

地道ではありますが、失敗がなく確実に成功への道に向かうことと思います。

 

 

僕は死ぬまで発展途上なので、もし共感される方がいらしたら嬉しいです。

 

 

20170412 by okkochaan