こんにちは、おっこちゃんです。

 

 

今日は、久々に、僕自身の反省も込めて、「ブログアフィリエイト初心者が記事の書き方でこれだけは押さえること」について書きます。

 

 

この記事を書くに先立って、ブログとかブログアフィリエイトとかのキーワードの検索をしましたが、その検索数の多さに、あらためて何を書いたらいいのかとか、ブログで稼ぐにはどうしたらよいのかという悩みの多さに驚きました。

 

 

いろんな記事も読みましたが、特に目新しいものはなく、ほとんどの記事が同じことを言っているという印象です。

 

 

ですが、記事が書けない最大の要因を考えてみると、それは非常に単純で、「書き始めない」ということだと思います。

スポンサードリンク

 

 

あまりにも書き始めないで悩んでいる方が多すぎます

 

 

 

しかし、ブログは小説家の先生がホテルに缶詰めになって、ウンウンうなっているのとはわけが違います。

 

 

ただ、ひと昔前の私小説系の流れで、「なぜ書けないか」とか「なぜ書くか」という悩みが多く、結局、「書けない」ことをテーマに書いたりしていることと重なるので、これは意外と普通で普遍的な悩みなのかもしれないですね。

 

 

僕もずっとこうした悩みをもっているし、小説家を志したこともあるので、よくわかります。

 

 

今日は、僕の体験的な内容になりますが、どうしたらブログを書けるのか、書き方はどうすればいいのかということを自分自身への戒めも含めて書いておきます。

 

 

 

初心者のブログの書き方

 

 

先ず、ブログを始めたばかり、もしくは始めようと思っている方にアドバイスです。

 

結論を言えば、「内容や文章を気にせず、とにかく書いてみること」これにつきます。

 

その時に、決してかっこづけようなどと思わない事、体裁や文章をとりあえず気にせず量を書くことです。この段階で、少なくても書いた量だけは誰にも負けない!ぐらいの気持ちで書いてみましょう。

 

文章は書けば書くほどうまくなるし、何を書けばいいかわからない人も、逆に書くといろんなことが前後して想起されて文章にならない人も、ワンセンテンスで伝えることは一つだけということを肝に銘じて書くことです。

 

 

 

考える前に書く

 

 

また、この段階で、コピーライティングの勉強は不要です。個人差はあると思いますが、ほとんどの場合、役にたたないし、むしろブレーキをかけることになると思います。

 

文章を書いたことがない人は、改めて慣用句とか漢字をうろ覚えであることに気づいたり、いかに自分が論理的思考とか首尾一貫していないかとか気づくこともあるかもしれません。

 

しかし、それを勉強とかとらえず、楽しんで書いてください。そのためには、自分の興味があることをテーマにするとよいと思います。

 

先ずは、最低でも1000文字以上のブログを50記事を出来るだけ早く書いてみましょう。

 

なお、2000文字以上あるとさらにいいです。

 

コピペはせずに、自分の言葉で書くことは言うまでもありません。

 

 

 

 

それでも書けないという方は

 

 

ここについては、突き放して教えていらっしゃるブログも多く拝見しました。

 

そこは自分で考えろということですが、それでは身も蓋もないので、ちょっとだけアドバイスいたします。

 

それは、あなたの特定の人に向かって書く、ということです。

 

あなたの大事な人、好きな人、家族、恋人、だれもいない方は、頭の中にいる理想の人、歴史上の好きな人物、それもいなければ、あなた自身に向かって書いてください。

 

 

 

 

読み聞かせるように書く

 

 

グーグルの記事についてのポリシーに重なりますが、あなたの大事な人に読み聞かせるように書くということを心がけるだけで、かなりの部分がカバーできるはずです。

 

例えば、自分の子供に本を読んであげるときに、成人向けの本を読む親はいないと思います。

 

タメグチとか絵文字とかが「読み聞かせる」ことに適していないことも容易にわかると思います。

 

これにからんで思いだしましたが、喋った方が書きやすいという方は、スマホで話をしてから文字を整えるという方法はお勧めです。

 

スマホでメール画面でいいので、マイクを出して話すと自分の言葉がどんどん文字になっていきます。

 

始めのうちは変換精度は高くないですが、学習機能があるので、使えば使うほどよくなります。

 

僕はこのごろは、タイプしたほうが早いのでこの方法は使っていませんが、営業の仕事をしていた時に、外からクライアントにメールを返すのにこの方法を取っていて、信じられない速さで返事を返して、しばしば驚かれました。

 

外出先で思い付きをメモするときなどに使うといいかもしれませんね。

 

この方法はあまり勧める人がいないのですが、書けない時に話してみるという方法はありかと思いますので、試してみる価値は十分あります。

 

将来、動画での配信を考えている方にとっては、話し方の勉強にもなります。

 

それと、もうひとつ思いだしましたが、それは手が考えることを信じるということです。

 

手と脳とは非常に近い関係にあります。

 

手の運動によって脳は刺激されるので、キーボードに打ち込み始めることで、記事が浮かぶことも普通にあることです。

 

以上、まずは他は何も考えず、50記事を完成させることを最優先事項として、それを妨げることには徹底して戦っていきましょう!

スポンサードリンク





 

 

キーワード選定

 

 

くどいですが、重要なのはブログを無料でもいいので作ってブログを書き始め、上記の方法で1000文字以上、50記事を出来るだけ早く書き上げることです。

 

ところで、キーワード選定という言葉を聞いたことがあるかと思います。

 

グーグルやヤフーで検索するときに入れる言葉がキーワードですが、50記事を書いたらキーワードを意識して記事を書くようにします。

 

もちろん、これは初めからやってもいいことです。

 

キーワード選定が記事を書くことの障害にならなければ、初めから行ってください。

 

しかし、それを意識するあまり記事が書けないのであれば、これは、本末転倒です。

 

あなたが50記事を書きあげるのに支障がなければ、あるいはキーワードから記事を書くとお決めになったのであれば、行ってください。

 

キーワードの選定ですが、僕は下記のツールで十分と考えています。

 

goodkeyword

http://goodkeyword.net/search.php?type=&formquery=%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0&x=0&y=0

 

記事を書く題材の検討がついたら、goodkeywordを開いて、複合キーワードを1~3程度ピックアップします。

 

この画面からヤフーやグーグルに飛びますので、対象のキーワードのライバルチェックと検索数も同時にチェックできるので合理的です。

 

 

【まとめ】

 

以上、僕が重要視している、「ブログアフィリエイト初心者が記事の書き方でこれだけは押さえること」について書きました。

 

重要なことは単純で明確です。

 

1000文字以上の記事を50記事書くことを最優先する

その後、キーワードを入れた記事作成をする

 

 

なお、SEOとかアドセンス、サーチコンソールなどのツールはこれが終わってからやるべきことと認識してください。

 

少しでもお役に立てれば幸いです。

 

20170706 by okkochaan