こんにちは、おっこちゃんです。

 

今日は、横田めぐみさんの皇族だったらどうだというのかと疑問をもったので書きます。

 

今日、2016年11月15日は、あの横田めぐみさんが拉致されて39年目だそうです。そして、NNN 11/15(火) 3:01配信での早紀江さんのコメントが紹介されています。

スポンサードリンク

 

「むなしくなっちゃってるんですよ、今もう。(11月が)また来たかという思いにもならないくらい。何か打ちのめされているような感じでね。(解決のために)ありとあらゆることを皆さんと一緒にしてきたわけでしょ。あと何をすることがあるんでしょうというくらいまでしてきて、でも何も動かない。私たちのことは見えない」

 

僕は、横田めぐみさんの母が皇族だったとか李王朝の血も引いていて、横田めぐみさんが2王朝の血を引いているという、まことしやかな説があることは知っています。そうであれば、横田めぐみさんの早紀江さんは、2王朝のハーフとして、より濃い血を引いていることになります。

 

これは、話としては面白いですが、拉致問題が一向に解決に向かわず停滞したなかで出てきた話だと僕は思っています。つまり源義経が奥州で死んだのではなく、大陸に渡ってジンギスカンになったと同系の話で、そうであればという願いが少しは入っているのかもしれませんが、事実ではないのではないでしょうか。

 

僕がそう考えるのは、母、早紀江さんも、父のさんも、この件に関して全くコメントしていないこと、そして、何よりも、この拉致39年目の早紀江さんのコメントが何よりの証拠だと考えるからです。

 

あと何をすることがあるんでしょうというくらいまでしてきて、でも何も動かない

 

早紀江さんは、そうコメントしています。もし横田めぐみさんの皇族であったなら、あと何をすることがあるんでしょう、と言わないと思います。

スポンサードリンク





もし横田めぐみさんの拉致の理由が皇族だったからとか李王朝の血も引いているからとかがあるのであれば、逆にそれを理由として第一義的に重要な拉致問題の解決に役立てるのではないでしょうか。

 

なにしろ、金正恩のが横田めぐみさんであるならば、早紀江さん滋さんは、金正恩の祖父母にあたるわけで、いかに拉致が無法な許されないものであったとしても、北朝鮮に行って、めぐみさんと暮らすことを選ぶのではないでしょうか。

 

早紀江さんはすでに80歳、滋さんは81歳、もし横田めぐみさんがそうした高貴な血を引いていたとしても、実際に何も解決しないならば、それを解決のカードとして使ってもおかしくありません。

 

その秘密を出せない理由も考えられないし、もし拉致問題の秘密を暴露することで問題の解決の糸口となるのであれば、とっくに出していると思えます。

 

以上から、全く荒唐無稽の話と僕は思います。

 

時の流れは、すべてのことを風化させてしまいます。どんな善いことも悪いことも。

 

この頃は、早紀江さんがおっしゃる通り、何も動いていない解決の糸口すらない状態で、時間を稼いで逃げ切りを図りたいという意図すら感じてしまいます。

 

13歳で拉致された横田めぐみさんは、その3倍の39年をすでに生きているわけです。

 

ある日、平和な日常が理不尽にも拉致という不法行為で失われてしまった口惜しさと無念さを僕たちはしっかりと理解しなければならないと思います。

 

そして、あと何をすることがあるんでしょう という早紀江さんの言葉の重みも。

 

関連記事: 田原総一朗の冒険とは拉致問題の解決か

 

20161115 by okkochaan