こんにちは、おっこちゃんです。

 

今日は、僕の生ゴミの肥料の作り方ということで、その処理方法を具体的に紹介しますね。

 

かなり具体的かつオリジナルな方法だと自負しています。

 

僕は基本、生ゴミは捨てずに自宅のベランダで処理し肥料として利用しています。

 

なぜそうしているか?単純にもったいないと感じているからだし、例えば生ゴミといえどもほとんどは水分なので、そのまま捨てると重くなります、しかし、わざわざ水きりするためのバケツにいれるのもバカバカしいし、そうするともう一度その生ゴミを回収する作業があって、匂いもするだろうしあまり愉快な状態ではないからです。

スポンサードリンク

 

これは、極力手間を省いて一回で終わらすという僕の方針に相いれないのです。

 

ちょっとだけ話がそれますが、僕は伐採した樹木や落葉をわざわざゴミ袋に入れて捨てることが、どうしても理解できません。

 

樹木であれば、樹の根本に寄せておけばいいし、落葉であれば積み上げて置くだけでいいたい肥ができるからです。

 

それをわざわざゴミ袋に入れて、ゴミ回収車に持っていかせるのは、無駄というか損失だと考えています。

 

近頃は、男性でも家事をやる方が増えていると思いますが、僕なりに考え実践している方法を紹介しますので、そのままやってみてもいいし、改良の余地も多々ありそうなので、この記事から発展させた処理をするのもいいかなと思います。

 

それと、生ゴミの処理にかかる行政の費用も結構な額になるらしく、つまり税金が生ゴミ処理に使われているわけで、生ゴミ処理機に助成金を出したりしているのもわかります。

 

 

さて、グーグルなどで生ゴミ処理を調べると、生ゴミ処理の機械とかバイオ処理とかいろいろ出てきます。

 

僕の方法はこんなものは一切使いません。お金もほとんど使いません。

 

しかも合理的だと自負しています。

 

なお、こういった記事には写真があった方がいいのですが、お見せできるようなものがないので、写真なしで勘弁してください。

スポンサードリンク





という事で、僕の生ゴミの処理方法を紹介します。

 

先ず当初、最低用意したいものですが、なるべく頑丈な大きな容器を用意してください。

 

ちなみに僕の場合ですが、一つは、ネコ用トイレで使わなくなったもの、二つ目は大きな魚がはいっていた深い発泡スチロールの容器、三つ目は、風呂用の大きな椅子で、捨てようと思ったのですが、逆さにしてよく見ると大きな植木鉢みたいになることに気づいて使っているものとなります。

 

つまり、生ゴミ処理のために購入したものは一つもありません。

 

始めは、一つだけでいいので、家の中を探してみてください。

 

衣装ケースなどでもいいと思いますが、ちょっと弱いかもしれません。

 

魚の水槽なんかもいいかもしれないです。強度は問題ないですが、水はけの為に、下に穴をうまく開けなければならないのが難点かもしれません。

 

どうしてもなければ、大きくて深いプランターなどを購入するといいと思います。

 

次に、三角コーナーを三つ用意します。

 

ほとんどの家では三角コーナーを一つしか使ってませんが、これは大きなロスです。

 

100円ショップでいいので、中ぐらいの大きさで、なるべく丈夫なものを選んでください。

 

それから、生ゴミ処理剤を購入します。これは、米ぬかでも構いませんが、500円ぐらいで生ゴミ処理剤といえばDIYの店とかで売っています。

 

生ゴミ処理剤はなくても処理はできるのですが、処理スピードの問題で購入をお勧めします。

 

さて、以上で準備は整いました。

スポンサードリンク





コーナの生ゴミを持ってベランダに向かいましょう。この時、水が垂れるので、肉などを買ったときの発砲スチロールの入れ物をしいていくといいです。

 

処理容器は、下に水はけ用の穴をあけておきます。

 

そこに土を少し敷いて、三角コーナーのゴミを空けます。(なるべく左右どちらかに偏って捨てるといいです。)

 

そこに、生ゴミ処理剤を振りかけをかけるようにかけて、その上に土をかぶせて完了です。

 

さらに処理を早めるために、板とかビニールとかいらない座布団とか、なんでもいいので、上に蓋をします。

 

そして三角コーナーは、逆さにして日光にあたるように干し、2番目の三角コーナーを台所に設置します。(次回はもちろん3番目、そして1番目に戻るので、使っていない三角コーナー2つは常に天日で干していることになります。)

 

同様に容器もローテーションしていきます。

 

一つの容器で処理できるだけ処理するために、例えば、左で処理→右で処理→真ん中で処理→左で処理、といった感じで、処理できるまで処理します。

 

これ以上の処理は難しいとなれば、2番目の容器、3番目の容器とローテーションし、また1番目の容器に戻します。

 

なお、野菜を作る季節になれば、そのまま、そこで栽培を始めれば、かなりいいものが出来ます。その場合は、容器を新たに追加すればいいだけです。

 

土についてですが、もし枯れた植物をそのままにした植木があれば、その土を使ってください。

 

なければ、どこかから持ってくるしかありませんが、その場合は、なるべく有機物のないもの、つまり栄養がない土を持ってきた方がいいです。

 

この処理は一年中できますが、処理能力は微生物が活発に活動する夏が一番高く、冬が低いです。ですが、あまり気にしないでいいと思います。

 

心配なのは、こうした生ゴミの処理は、あまり神経質な方には向いていないかもしれないという事です。

 

虫が苦手な人もだめかもしれません。

 

というのは、ゴキブリも出てくるし、尾っぽにハサミがあるような虫もうろつくし、大体の場合、ウジが大量に発生して、土がモコモコ動いたりするからです。

 

ダンゴムシやゾウリムシは僕にはすごくかわいい虫ですが、嫌な人もいると思います。

 

でも家庭菜園をやってミミズと付き合ったり、芋虫と付き合ったりしている人は平気だと思います。

 

ウジ虫とゴキブリは僕も苦手ですが、極力気にしないようにしています。

 

この世で理由なく生きている生物などいないと思うし、ウジ虫とゴキブリは生ゴミを食べてくれるので第一処理者でもあるわけです。

 

あの屋久島の杉をつくったのは、ダンゴ虫であることはよく知られていますし、森を作るのは、昆虫や微生物なのです。

 

その事を思えば、苦手な虫を違った眼で見ることが出来るかもしれません。

スポンサードリンク





とはいえ、実際ウジ虫で挫折する方もいるかもしれませんね。ウジ虫が出ても排除することなく、そのまま継続でいいのですが、どうしても苦手ならその時期だけ処理をしないしかないと思います。

 

ゴキブリについては、家の中で発見した場合はホウ酸が入ったエサで退治しているのですが、不思議なことに、この生ゴミ処理機が防波堤になっているのか、ゴキブリを家のなかで見ることが少なくなりました。

 

ゴキブリは外で生活する種のほうが多いし、家にくるゴキブリにしても、家は四階ですが、隣とかあるいは空中を飛んできたリするので、家でいくら退治しても無意味だと考えています。

 

また、三角コーナーにゴミを入れたまま天日に干して小鳥に食べさせる処理も考えたのですが、そのままでは無理だし、カラスだと散らかして近所から苦情がくるので、乾燥してから砕いてエサにするなど研究が必要だと思います。

 

豚を買っている農家なら豚に食べさせればいいし、ニワトリも細かくしてエサに混ぜれば食べると思いますが、それは庭があり、豚やニワトリを飼っていればの話です。

 

そもそも庭があれば、生ゴミ処理はより簡単に出来ますしね。

 

あと、三角コーナーですが、特に夏に天日に干すと信じられないぐらいきれいになります。おそらく微生物が食べてくれるのだと思います。

 

これは、生ゴミ処理でもありますが、生ゴミを利用して土を作るとも言えます。

 

こうして出来た土ですが、黒く栄養価の高い土、ナイル川の氾濫で運ばれてきた栄養価の高い黒土のような、さらさらときめ細かい、森の匂いがする土です。

 

以上ですが、やってみると本当に簡単で楽しいので、特に家庭菜園とかガーデニングとかをやっている方は、是非、取り入れてみてください。

 

とにかく実践と行動をしながらの工夫が大事です。

 

また骨とか捨ててはいけないものはあるかとか疑問があると思います。

 

僕の結論は、土になるものはすべてOK、ということです。

 

実際、新巻鮭の大きな頭もそのまま埋めたら完全に土になりました。

 

また骨は土になりずらいですが、植物の植え替えをする時にゴロ土の代わりに、植木鉢の一番下に入れておけばいいわけです。

 

こうして、資源の無駄を省き、高いゴミ処理機やゴミ袋を買うこともなく、重いゴミを運んだり、嫌な生ゴミの匂いを嗅いだりすることもない快適な生活を送ることが出来ます。

 

ゴミ処理機もいいかなと思うのですが、やはり少し匂いがでるらしいし、そのため家の外に置くのですが、そうすると電源で困ったりするらしいです。

 

つまりゴミ処理機に気を使うという本末転倒が起こります。

 

それに対し、僕の方法は、埋めたときに少しぐらい匂うことはありますが、すぐに消えていくので、近所から苦情が来たりすることもありません。

 

また生ゴミを埋めたあとは、すぐに忘れてしまうので、一回で完結します。

 

是非、試しにやってみて、合理的なエコ生活をゲットしてくださいね。

 

20170128 by okkochaan