こんにちは、おっこちゃんです。

 

すでに大勢が決していますが、都議選で自民党は惨敗しました。

 

僕は、平家物語の驕れる者久しからず ただ春の夜の夢の如し」を思いだしましたが、これをターニングポイントとして、国政もこれまでの安倍1強が終わることは間違いないと思います。

スポンサードリンク

 

自民というより安倍内閣は、これまで平氏にあらずば人にあらずと同じで、反対意見を唱えるものを国民とも思わず、それは図らずも1日夜の秋葉原での安倍首相に反対するほぼ同数の参加者の様子から予測できました。

 

しかし、そうはいっても、安保法案や共謀罪の強行採決を繰り返しても支持率が下がらなかったので、半信半疑の思いもありました。

 

このまま、安倍一強のまま、理不尽で不公平な政治が続くのかと憂慮をしていましたが、国民は正しくものを観ていると深く安堵をしました。

 

 

 

自民が惨敗した理由

 

 

僕も多くの方がおっしゃっている通り、今回の都民の審判は、まずは現在の国政を牛耳っている安倍内閣への批判であることは明らかです。

 

 

安保法制、共謀罪の強行採決への批判

森友問題、加計学園への説明不足

臨時国会開催の要求についての憲法違反とも思える行為

稲田大臣の法律違反の発言

下村元文科相への加計学園からの政治献金疑惑

相次ぐ閣僚の不祥事や不適切発言

 

 

安倍首相は、もしかすると秋葉原での応援演説で、あの四面楚歌の話のように、ひょっとしたら初めて現状の厳しさを実感したように思います。

 

「安倍辞めろ」というのぼりを自民党青い旗で隠そうとした行為は、奇しくも安倍首相が裸の王様であることを示していました。

 

 

そして、ただその場に来ていた籠池氏を取り押さえることは、全く意味がわからない不法行為に思いました。

 

 

 

 

この秋葉原での一回だけの都議選応援は完全に逆効果だったので、結局は都合の悪い時には出てこないという印象を与えたし、かつて秋葉原で歓迎されたので、ここなら大丈夫という思いもあったのかもしれません。

 

安倍政権への支持が利権をベースとしているとすれば、支持者が離れていくスピードも恐ろしく早いだろうし、次期総裁を狙う争いも表面化してくると思います。

 

安倍首相の悲願の憲法改正発議もどうなるかわかりませんね。

 

何度も首相は説明責任を果たしていないという言葉が野党からありましたが、その指摘をあまりにも侮っていた結果だろうと思うし、都合の悪いことはだんまりを決め込んで話題にしないという態度は、国民は忘れっぽいので時が解決するとでも思っているととられ、それは国民を馬鹿にすることにほかならず、そうしたすべてのことが決算のように出たのだろうと考えます。

 

最低でも安倍首相がやるべきことは、今回の都議選の惨敗について、すみやかに会見を開くことですが、それはやらないとのことなので、僕はこれは駄目だなと思っています。

 

イレギュラーに弱いのか、敗走するのが下手すぎます。もしかするとチャンスかもしれないからです。

 

結局、壇ノ浦まで追い詰められた平家と同じ運命をたどると思います。

 

主義主張を表面的に支持するだけの団体や、当初においてのリベラル層の取り込みに成功しただけで、ライバル不在で1強を維持できましたが、もともと基盤は脆弱な政権ではありました。

 

それでも、本当に国民の声や野党の声に耳を傾けることが出来れば、日本の将来に大きく寄与することが出来たかもしれません。

 

しかし、あたかもやるべき宿題ででもあるかのように、警察力の強化(共謀罪)とか憲法改正とかを無理押しし、憲法改正にいたっては、自民党内でも共有しない9条の変更案をいきなり発表したりと、とにかく対話や説明がない、ネアンデルタール人がコミュニケーション能力に問題があって生存できなかった言われているのと同じく一方的な主張の展開しかしてこなければ、いつか破綻するのは見えていたのかもしれません。

 

スポンサードリンク





 

ところで民進は一体なにをやっているのか

 

 

これだけ政権に逆風が吹いているのに、民進党は都議選でもやばい状況だし、一体何をやっているのかという思いです。

 

民進党に一番かけているのは、国民に対して、理想を示さないことです。あるべき社会、あるべき政治、あるべき未来像、夢が入った嘘でもついていきたいと思わせるぐらいの度量と語りをもった人がおらず、ただ正しいと思われることを主張するだけでは、人はついていかないということを知るべきです。

 

 

 

小池都知事について

 

 

僕個人は、小池都知事に大変好感をもっています。政治的主張は自民党と変わらないとか、実は安倍首相と裏で手を握っているとかいう方もいらっしゃいますが、小池さんは一味違うと思います。

 

一言でいえば、民進党に欠けているスター性とか夢を与えるとかいうものを小池都知事は持っています。

 

豊洲問題ばかり注目されていますが、東日本大震災の被災地を回ったり、東京都の小さな島を回ったり、オリンピックのメダルを携帯電話で作ろうと使わない携帯電話の寄付を呼びかけ、寄付した方に感謝状をあげたり、犬猫の殺傷ゼロに取り組んだり、実に細やかな気配りができるかたです。

 

決してポピュリズムではない、これからの福祉国家、日本を目指す姿がそこにあると僕は思っています。

 

以上、都議選を終えて思ったことを書きました。

 

お読みいただき、ありがとうございました。

 

20170702 by okkochaan