こんにちは、おっこちゃんです。

 

僕としては、かなり珍しいテーマなのですが、1円パチンコ必勝法として、1円パチンコの甘デジで月10万円を安定して稼いでいる僕のせこいやり方について、真面目に書こうと思います。

スポンサードリンク

【これを書く理由】

 

これを書こうと思った理由は二つあります。

 

ひとつは、自分自身に関することで、現在の僕の1円パチンコのやり方を確認するためです。

 

僕にとってパチンコは楽しい遊びであり、ちょっとだけですが、お小遣い稼ぎをさせてくれるものです。

 

これから僕のやり方を書きますが、おそらくほとんどの方が、このやり方を実行することにより、最低でも収支がマイナスにはならないだろうと考えています。

 

その為には自分で課したパチンコのルールを絶対に守ることが最も重要になります。

 

今日、ここで語るのは、その僕のやり方に他ならないので、それが絶対にすべての人に当てはまるとまでは考えていません。

 

しかし、基本的な考え方は、負けないパチンコをするためにはあっていると思っているし、もしあなたがパチンコでトータルで負け越しているようであれば、参考にしていただければと思います。

 

 

もう一つの理由はなぜか突然、声高に叫ばれてきたパチンコ依存症だとかパチンコは悪であるとかの話に反発があるからです。

 

僕にとって、パチンコとは古い台はその時代時代の僕自身の苦しかったことなども思い出されて、大げさに思われるとは思いますが、パチンコとの付き合いは僕の人生の重要な部分を占めています。

 

だから、単純にギャンブルが悪いとかいう一方的な決めつけはおかしいと思うし、パチンコ=ギャンブルと決めつけて云々することが、とても底の浅い話だと思い残念でなりません。

 

僕にとってパチンコとは、そもそもギャンブルではなく、楽しく遊びながら稼ぐこともできる素晴らしいものなのです。

 

パチンコを批判する人が一体、パチンコの何を知っているのか聞いてみたくなりますが、思うに、多くの批判者の方は、概念的にパチンコをとらえているだけではないでしょうか。

 

依存症は、パチンコに限らず悪いことかもしれないのですが、依存症ではなく楽しんでいる人もたくさんいるのです。

 

おっと、つまらないおしゃべりばかりですみません。

 

では、本題に入ります。

スポンサードリンク




【なぜ1円パチンコなのか】

 

ずばり結論から言えば、リスクが少なくて、安定して勝ちやすいからです。

 

パチンコとは玉をパチンコ店から借りて遊戯するという形をとっていて、これを貸し玉と言います。

 

その貸し玉1つを借りるのが4円なのが標準のパチンコですが、1円で借りられるのが1円パチンコです。

 

簡単に言えば4円パチンコの4倍遊べるのが1円パチンコです。

 

そうするとこんな疑問が生じると思います。

 

「1円パチンコは確かにリスクも少ないけど稼ぎも少ないから、安定して勝てるのであれば、4円パチンコをした方がいいのではないか?」

 

確かに、その通りと言いたいのですが、違います。

 

それは安定して勝てるかどうかで違いが生じるのです。

 

仮に全く同じ環境で、1円パチンコと4円パチンコがあるとすれば違いはありません。

 

環境とは以下のようなものです。

 

・ 同じような店であること

・ 台の稼働率(来客数)も同じであること。

・ 台の回転数(例えば1000玉打って回転する数)が同じであること。

・ 客層も同じであること。

・ 4円パチンコでも同じような打ち方をしていること。(例えば、1円パチンコで1000円打つのであれば、4円パチンコで4000円打つことなど)

 

 

上記の要因のなかで、1円パチンコと4円パチンコの大きな違いは稼働率と客層にあります。

 

ただし、これは僕が住んでいる地域では間違いなくそうだということで、全国どこでもかどうかはわかりません。

 

僕の住んでいる地域では、4円パチンコよりも1円パチンコのほうが稼働率が断然高く、逆に4円パチンコの島は、午後行っても、その日まだ誰も打っていない台すらあります。

 

僕の方法は台の調子(台の体調と僕は呼んでいます)を可能な限り予測して打つことと、無駄な勝負をしないという2本の柱でできていますが、稼働率が低ければ、現在の台の体調については、判断材料がないため、全く予測ができません。

 

つまりその状況でその台を打つことで勝つ可能性は低くなります。

 

だから僕はリスク回避の意味もあることはあるのですが、それ以上に台の体調を見るための稼働率を重視するので、それがわかりやすい1円パチンコの方が勝ちやすいと考えています。

スポンサードリンク




【僕の住んでいる地域の客層】

 

僕は都心から1時間ほどの地方都市に住んでいます。

 

以前は当たり前のように駅前にパチンコ屋があり、それなりに地域のコミュニケーション広場的な場所にもなっていましたが、今では残念ながらそうした店はほとんど廃業し、今では、より駅から遠い、車で行くような幹線道路沿いにできた大型チェーン店に変わっています。

 

ところで、客層ですが、ほかの似たような地域も同じだと思うのですが、圧倒的に年配の客が多いです。

 

それも年金を貰っていたり、車も持ち、おそらくは家も貯金もありそうな方々が多いとみています。

 

それでもパチンコにそれほど多くのお金はつぎ込めないためか、圧倒的に1円パチンコが人気なのです。

 

店では4円パチンコを主力に置いているので、台数も4円パチンコの方が多いのですが、最近では1円パチンコの存在感も無視できなくなってきています。

 

この方々のパチンカーとしての典型的なプロファイリングは以下のようになります。

 

・ パチンコが当たるのは運だと考えている

・ ちょっと打って当たらなければやめてしまう

・ 当たっても連チャンが終わればやめてしまい、他の台にすぐ移っていく

 

もちろん、中にはうまい方もいますが、上記のやり方だと負けるために打っているようなものなのです。

 

 

【僕の1円パチンコ必勝法】

 

具体的な方法は、後日書こうと思いますので、ここでは基本的な考え方について確認しておきたいと思います。

 

「あなたは、パチンコを勝負であると考えていると仮定した場合、誰と勝負していると考えていますか?」

 

1. パチンコ店

2. お客

3. パチンコ台

 

僕の答えは「お客」です。

 

これは、パチンコでのお金の流れを考えれば簡単にわかることだと思いますが、万一、この認識が違っていると、勝つための根底から見直さなければならないと思います。

 

パチンコで胴元であるパチンコ店が負けるということは基本的にありませんし、1台の機械がトータルで負け越すということも、まずありません。

 

つまり、パチンコ店とパチンコ台は初めから勝負は決まっているので、勝負そのものが無意味であると言えます。

 

つまり、この意味では、パチンコは負けるように出来ているので、それは、「ほとんどの方が負け越しているからパチンコは勝てない」と言っているにすぎません。

 

しかし、それは何があろうと固定したやり方で打ち続けると仮定した場合で、ほとんどの場合、そのようなことはなく、台を移動したりやめたりしているはずです。

 

 

さて、今回はこのあたりで、いったん締めようと思いますが、僕の1円パチンコ必勝法は、拍子抜けするぐらい単純です。

 

良い店で台の体調が良い台を打つ

 

これに尽きるのです。

 

まあ、株で儲けるためとか、せどりをする場合であっても、できるだけ安く買って、できるだけ高く売ることが出来れば必ず儲かりますね。

 

それと全く同じなのです。

 

つまり、台の体調がわかれば勝率はあがるので、台の体調をどうやって知るのか、あるいはわからない時にどうすれば良いかがわかることが、勝つための第一歩なのです。

 

その為に僕がとっている行動・選択については、別途書きますので、今回はこれまでとします。

 

お読みいただき、ありがとうございました。

 

関連記事:

【1円パチンコ必勝法】 1円パチンコの甘デジで月10万円を安定して稼ぐ僕のせこいやり方(その二)

 

20170923 by okkochaan