コインチェック 580億円
https://www.pakutaso.comより

 

こんにちは、おっこちゃんです。

 

実は昨日からブログどころではなかったのですが、ほかでもない仮想通貨取引所のコインチェックが不正アクセスにより580億円が流出した件で動揺しています。

 

昨夜は深夜にコインチェックの記者会見も行われました。

 

仮想通貨取引所大手の「コインチェック」が26日午後11時半、東京都内で会見し、不正アクセスによって仮想通貨「NEM(ネム)」約580億円相当分が流出したと発表した。

スポンサーリンク

 

【事件の経緯】

 

コインチェックは、このところ出川さんのCMがかなり流れているので、仮想通貨に興味ない方も見たことはあるとおもいます。

 

取引所のCMとしては、その前からBitFlyer(ビットフライヤー)が流れていました。

 

僕は、これでもテレビはほとんど見ないのですが、それでも、上記2つのCMは何度も見た気がします。

 

そして、僕自身、仮想通貨に興味をもち、コインチェックでコインの購入と取引をしていますので、僕のお金も戻らないかもしれません。

 

事件をコインチェックのブログで追うと以下の通りです。

発生事象
1月26日 02:57頃 :事象の発生
1月26日 11:25頃 :当社にて異常を検知
1月26日 12:07頃 :NEMの入金一時停止について告知
1月26日 12:38頃 :NEMの売買一時停止について告知
1月26日 12:52頃 :NEMの出金一時停止について告知
1月26日 16:33頃 :JPYを含め、全ての取扱通貨の出金一時停止について告知
1月26日 17:23頃 :BTC以外(オルトコイン)の売買の一時停止について告知
1月26日 18:50頃 :クレジットカード、ペイジー、コンビニ入金一時停止について告知

 

不正に外部に送金された仮想通貨はNEM(ネム)というもので、総資産でおよそ1兆円といわれています。

 

コインチェックはいろんな仮想通貨が売り買いできる点と初心者が入りやすい点が魅力かと思います。

 

これは、27日10時のコインチェックでの仮想通貨の価格です。

 

XEMとは仮想通貨の単位で、これが不正に流出したNEM(ネム)です。

 

今日はすべての仮想通貨がさがっていますが、ネムは14.5%マイナスで最もさがっています。






【コインチェックの記者会見と今後の見通し】

26日深夜11時に記者会見が行なわれ、若干27歳の和田社長と大塚取締役が登場しましたが、事態の解決に向けた具体策は示されず、まずはご報告とお詫びという状態でした。

 

過去には、2014年のビットコインの立ち上げから重要な位置にあった取引所であるマウントゴックスの倒産がありましたが、580億円はそれを上回る金額です。

 

そのすべては顧客から預かったお金になりますが、これは投機ではありますが、若者を中心とした「夢」であるといっていいと僕は思っています。

 

コインチェックにセキュリティ面での甘さがあったのかどうか、オフライン管理をしていない点だけは読み取りましたが、実際に不正アクセスで送金を許しているのですから問題があることは間違いありません。

 

しかし、これがコインチェックだけの問題なのかという点もあると思います。

 

なぜなら、ビットコインの成り立ちとか、ビットコインを育ててきた人たちのことを知ればわかりますが、金額はともかくとして、何度も絶滅の危機を乗り越えてきているのです。

 

つまり、今回の問題は「取引所」の位置づけの問題が第一にあり、第二に取引所の「監視」があるのではないかと思います。

 

それというのも、ビットコインはもともと取引所の存在を前提としていたわけではないからだし、現在でも取引所を仲介せずにコインを送ったり受け取ったりできるからです。

 

【仮想通貨はすでに賛否がどうとかの話ではない】

今回の事件が、一般の方の仮想通貨への参入にどのくらい影響があるかは不明ですが、以下では僕なりのすでにはっきりしていると思われることを書いておこうと思います。

 

1.仮想通貨の流れはもうとまらないこと

電話が発明されたとき、やはり対面でなければ意思は伝わらないと考えたひとは多くいたし、実はいまだに営業のクレイム対応などは電話ですますなという文化があったりします。

 

しかし、だとしても電話そのものが否定されることはありません。

 

同様の理由で仮想通貨が今後、普及していることは間違いないことだと僕は考えています。

 

2.ダボス会議でも仮想通貨は大きなテーマになっている理由

スイスで開催中の世界経済フォーラム(ダボス会議)では仮想通貨についての賛否両論の論議がかわされていて、賛否に関わらず仮想通貨が強い興味の対象になっていることを示しています。

仮想通貨には大きなテーマと小さなテーマがいまだに混在していて、それはあたかも、ゴジラが出現してこれまでの生物のどれにもあてはまらないので、動揺している様と似ています。

ある人によれば、仮想通貨とはインターネットの出現と同レベルの革命的な出来事であるそうです。

 






【まとめ】

今回の事件で、1億を超えるお金を失いそうな方も多くいるようです。

 

去年稼いでなくしたとなれば、夢だったと思えばいいのですが、最近参入した僕などは、いい思いを全くしていません。

 

にもかかわらず、僕は仮想通貨の魅力に取りつかれているし、今回、お金を失ったとしてもその情熱は消えそうもありません。

 

それはなぜかと考えると、僕は現在の閉塞した社会状況が原因としてあるような気がします。

 

これまで、人生を一発で逆転できるとしたら、宝くじを当てるぐらいしかありませんでした。

 

しかし、仮想通貨であれば、宝くじとは比較にならない確率で富を得る可能性があります。

 

いわゆる「億り人」ですが、取引所のチャットでは、そうした億り人を目指している荒削りではあるけれども、活気のある人たちが多くひしめいています。

 

それは、仮想通貨という一種のバーチャルかもしれないのですが、人々は「生き生き」しているのです。

 

通貨の歴史を考えても、現代の人々が求めているものを考えても、仮想通貨は今後も支持者をどんどんと増やしていくことは間違いないと思うし、それはかつての携帯電話とかスマートフォンが台頭してきた勢いと似ているかもしれません。

 

僕もこれまでにも増して仮想通貨に打ち込んでいくことと思います。

 

今回の事件も損する方がでないような解決がなされることを望んでいます。

 

20180127 by okkochaan