参考人招致 証人喚問
鳥のウソはこんなに美しい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、僕のようなもともと政治にさしたる興味がない人間でも耳にタコができるほど聞かされているのが、参考人招致と証人喚問の違いである。

 

森友問題の佐川氏は証人喚問だったが、刑事訴追を受ける可能性があるという理由を50回以上繰り返し、証人喚問で生じる偽証罪を「正当な理由」でかわしつつ何も言わないという天才的な悪知恵・神対応をしたのである。

 

対して、加計学園の柳瀬元秘書官はどうだったかというと、彼の場合は参考人招致で、野党の国会出席拒否を打開すべく苦肉の策で肉を切らせて骨を断つという手法をとり、これまた肝心のところでは何も言わず、問題をうやむやなままに解決済みにしようとする意図が見え見えの参考人招致だった。

 

安倍政権を支持する人たちからは、相も変わらず森加計よりももっと大事なことがあるだろう的な話しかでないし、そもそも話が噛み合っていないので、本来は対立ばかりするはずのない政策論議についても、お互いが勘違いしたままでののしりあうという不毛な事態が続いている。

スポンサーリンク

 

誰もが実は加計ありきと思っている

思うに、安倍政権を支持する方々のほとんどは、本当は「加計ありき」だったと考えているのではないだろうか。

 

権力者はある程度のわがままがあっていいという考えは、僕は絶対に間違っているとまでは考えないけれども、前川氏のように黒いものを白とは言えないと思っている。

 

もし、これだけの状況証拠がありながら、加計ありきだっと考えないとすれば、先日の柳瀬氏が2年半もの間、秘書を務める安倍首相に一度も加計学園と今治市の職員との面会について報告をしていないなど、到底あり得ないと思える事項を信じているおめでたい人だというしかないだろう。

 

そして肝心の国民は(もっとも安倍内閣が国民を大事だと考えているかどうかもかなりの疑問があるが)疲れて疲弊していくだけだ。

 

あたかも拷問にあっての自白を余儀なくされた人たちと同じで、疲弊した国民は、ある日、一瞬優しく思えた政権に妥協する。

 

もしそうした逃げ切りを安倍内閣が考えているのであれば、実に恐ろしい話と言わざるを得ない。

時間が無駄ならば、すべからく証人喚問すべし

参考人招致と証人喚問という制度があるから仕方がないけれども、国民からすれば、こんなまだるっこしい制度は撤廃すべきだと思う。

 

そもそも、誰が国会で嘘をつくと考えるだろうか。

 

参考人招致なら偽証罪に問われないから嘘をついてもよくて、証人喚問はそうでないから嘘をついてはいけないというダブルスタンダード的な考えを定着させてしまったのは、これ自体で国会に対する、すなわち国民に対する侮辱でなくて何であろうか。

 

国会で証人に立った方を、この人は、参考人招致だからとか、この人は証人喚問だからで区別し、嘘のありなしの扱いの違いで発言を天秤にかけるなど、実に馬鹿馬鹿しいことである。

 

かくなる上は、すべて証人喚問と同様の扱いを国会の場ではするようにしてほしいと思っている。

 

そして刑事訴追を受ける可能性がある人については、証人喚問をする前によくよく検討すべきだ。

 

そのような逃げ道を持っている人を喚問したところで、意味がないし、時間の無駄だからだ。






国民のほとんどは森加計について首相の関与ありと思っている

繰り返しになるが、実際問題として、国民のほとんどは森友・加計問題について首相および昭恵夫人の関与があると思っていると僕は思う。

 

もし安倍首相の言うように、本当に関与していないのであれば、より積極的にその冤罪を晴らすべきだけれども、丁寧に対応という言葉だけが聞こえてきて、冤罪を晴らすべき活動をしているとも思えない。

 

確かに、以前、「悪魔の証明」という言葉もあり、やっていないことを証明するのは難しいだろう。

 

だが、本当に白であれば、人にまかせてもいいし調査機関を使ってもいいから、もっと熱心にやるのではないだろうか、それをしないのは、やはり黒だからではないかと、国民の多くは考えているのである。

 

別に安倍首相を有罪だと言っているのではない。

 

国民のほとんどがそう考えていると僕は思っているだけである。

 

いみじくも、北朝鮮の金委員長が「安倍首相からは一回も直接、拉致被害者を返してくれといわれていない」と言っている。

 

安倍首相がなぜか嫌っている中国とか韓国からは何度も拉致問題について言われているのに、である。

 

また安倍首相はしばしば朝日新聞などを偏向報道と言っているが、僕にしてみると中国には親友もいるし、中国とか韓国との関係を悪化させたのは僕個人の人生にとっても大きな損失を被ったと思っている。

 

また拉致被害者のご家族にいたっては、日本政府に頼まず、トランプ大統領とか文大統領に頼むという、誠に恥ずかしい異常事態である。

 

子供が誘拐されたとか、暴力を振るわれたからといって、仲介の人まかせにして何もしない親なんているだろうかと思う。

 

安倍支持者の方にも言いたいけれども、これは、政策がどうこうという問題ではないのだ。

 

いわんや憲法改正とか護憲とかの問題でもない。

 

もっとずっと以前の人としてどうかというレベルの問題なのだと僕は思っている。

 

国の重要な問題を論じあう国会の場で、資料が嘘であったり、証言が嘘であったりしても、何一つ文句を言えないなんて、あまりにもひどい悲惨な状況ではないだろうか。

 

国民はもっともっと怒るべきところだろう。

 

関連記事:

単なる天然か救世主か?「安倍昭恵 知能」というキーワードまである昭恵夫人には本人すら知らないミッションがあった

安倍昭恵さんと森友学園の関係は下手な推理小説よりずっと面白い

 

20180511 by okkochaan