Originally posted 2018-06-12 17:00:36.

裁量労働制 残業代

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから派遣会社もしくは人材派遣について、いくつか記事を書こうと思っています。

 

これは第一回として、「派遣会社の評判の良し悪しについての真実」というタイトルで書きます。

 

また、僕は自分が、文章が下手だといつも思うのですが、その理由は、一つの記事にいろいろ詰め込もうとする点があるからです。

 

今回は出来るだけその欠点を避け、書いていこうと思っています。

 

対象は、派遣に関するすべてのことになるので、本来新しいサイトを作るぐらいのテーマですが、どこまで書けるかわからないので、まずはブログでいくつか書いてみます。

 

派遣で働く、派遣社員を検討している企業、派遣会社の社員と経営者の方などの眼にとまれば幸いです。

スポンサーリンク

 

口コミサイトはどのくらい参考になるか

口コミサイトは、それなりに面白く読めますが、多くは偶然と主観に支配されているし、パターンも類型化できるものです。

 

多くは、派遣会社ごとに仕分けされていますが、結論からいうと参考程度以上ではありません。

 

つまり、口コミの絶対数が少なすぎて、その派遣会社の傾向をつかむ資料としては少なすぎると思います。

 

たまたま悪い口コミが多ければ悪い派遣会社になるし、その逆もしかりです。

 

派遣会社の満足度に対する傾向がないといっているわけではありません。

 

これだけの資料では、全然足りないだろうと考えているのです。

 

ここで一つだけ言える真実は、「派遣社員は偶然に支配される」という事ではないでしょうか。

 

公平な判断者がいない派遣業界

口コミとも関係しますが、派遣業界には公平な判断者(評価者)が存在しないと思います。

 

何についての評価かというと、派遣会社の営業とかコーディネーターについての評価およびスタッフについての評価です。

 

この場合の評価ですが、売り上げとかをいっているわけではありません。

 

売り上げであれば、多い方が社会にそれだけ受け入れられているという判断はできます。

 

しかし、スタッフについての評価は難しいと思います。

 

派遣先企業がある程度の公平性のある評価は期待できるかもしれません。

 

ただ、この場合の最大の欠点は、その評価はその派遣先企業の価値観に基づいてなされたものである点です。

 

しかも、それは派遣先企業というより、現場のマネージャーとか派遣法の規定によれば、派遣先指揮命令者による評価である場合がほとんどかもしれません。

 

例えば日本企業に多い、社員評価に残業が無意識に入っている企業に派遣された場合を考えてみましょう。

 

派遣社員ということで、明確に社員との区別がなされていれば問題ありません。

 

しかし、そうでなければ、派遣スタッフといえども残業をある程度やってくれることが評価につながることがあるかもしれません。

 

そのスタッフの方が残業を全くしたくない場合、よほど仕事についてとか、気が利いて仕事を先取りできるような方でもなければ、評価は低いだろうし、スタッフの方も続かないでしょう。

 

派遣法には派遣スタッフとか派遣会社のサービスの質についての規定がありません。

 

派遣元管理台帳、派遣先管理台帳などの管理面の規定があるだけです。

 

しかし、仮にあったとしても都合よく書けるのではないかと思います。






日本人材派遣業協会

多くの派遣会社が参加している日本人材派遣協会は、大手の社長が交代で代表を務め、人材派遣業の普及に努めています。

 

人材派遣は、派遣法に基づいて事業を行わなければなりませんので、協会が主に行っていることは、派遣元責任者の定期的な研修会とか派遣法の改定などにともなう対応についての啓蒙活動などです。

 

つまり、ここでは、派遣会社の質を高め業界全体を盛り上げるという大きなテーマはあるかもしれませんが、各派遣会社とその社員は日々の対応に明け暮れているので、協会が何かを生み出すということは期待できません。

 

そもそも協会員の派遣会社同士が同じ案件で日々、しのぎを削っているような環境なのです。

 

深刻な労働者不足

派遣業界に限らず、現在の日本は深刻な労働者不足にあります。

 

確か厚生労働省の調査によれば、2017年の人不足の職種は、意外なことに事務職が一番でした。

 

政府は、厚生年金の資金不足もあり、定年を75歳にするとか、外国人労働者の受け入れ態勢を整えるとかの政策を打ち出してきています。

 

野党が残業ゼロ法案と呼んでいた、働き方改革関連法案もそうです。

 

大企業も続々とリストラを行っているし、コンピューターによる事務処理の効率化とかAIの導入とかを進めています。

 

最近ではコールセンタースタッフについても、ロボットが対応できるような開発も進められています。

 

例えば、年配者に対しての気遣いの言葉も対応できるようにしているそうです。

 

しかし一方では、事務職は10年以上も前から、いずれなくなる仕事と言われながらも、いまだに需要が多いです。

 

事務職は直接的に利益を生むものではなく、多くはルーチン業務になるので、その部分を派遣スタッフで補うという流れは、まだしばらく続くと思います。

 

派遣会社や派遣業界の自浄努力だけでは不十分

こうした状況から、派遣スタッフのスキルとか報酬とかを、より正確かつ公平に評価できる仕組みを作ることが、重要だと僕は考えています。

 

今後の記事ですが、その根拠を明らかにするために、事例を出して、いかに派遣スタッフがタイミング次第で仕事を紹介され、それがたまたま合えば派遣会社とか派遣先企業に評価され、合わなければ評価されないという状況にあるかを書こうと思います。

 

お読みいただき、ありがとうございました。

 

もし、今後、このシリーズに多くの訪問者がいらっしゃるようでしたら、メールでの個別対応などもやりたいと思っています。

 

20180612 by okkochaan