Originally posted 2018-05-18 11:28:49.

西城秀樹 脳梗塞

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、5月17日、僕の世話になった叔父の葬儀がまさに始まろうとしている時に、西城秀樹さんの訃報が飛び込んできました。

 

正確に言うと、時間を見ようとスマホを見たときに、「西城秀樹さん急性心不全で亡くなる」とあったような気がして、その画面はすぐに消えてしまったので、ツイッターで検索して知りました。

 

僕は秀樹さんと年代が近いこともあり、健康面については他人事ではありません。

 

いくら健康に留意しても逆効果になることもあるし、すべての人にとって死は平等に訪れると考えれば、にわかに健康に留意したところで、大きな変化があるとも思えませんが、ここでは、普段から注意しておきたいことを記し、また西城秀樹さんのご冥福をお祈りしたいと思います。

スポンサーリンク

 

突然の死で残された人たちが思う事

ある人によれば、人間というものは決して死を経験できないといいます。

 

つまり死ぬということは、すでにそれを認識できない状態にあるので、経験としての死というものはないということらしいです。

 

僕の叔父は88歳で大往生と言えるのかもしれませんが、ほんの3週間前に元気で話をしていたし、変な言い方ですが、僕が生まれてからずっと生きていたので、常に意識しているわけではないけれども、ある場所にいれば必ず会える人という関係でした。

 

だから叔父がいないということは、僕が生まれて初めて経験することで、それを考えたこともないことでした。

 

こうしたことは、親しい人との間では誰しもあることだと思います。

 

それなので、亡くなってこの世から消えるという事が、頭では理解できても感情は遅れてついてくるので、人はなかなか理解できません。

 

西城秀樹さんという大スターにしても、スターだから一方的な知人ということになりますが、歌とか活躍しているテレビとかを頻繁に見ていたことから僕の叔父と同じような感情が生まれるのだと思います。

 

今、20代に方には、西城秀樹さんといってもピンとこないのかもしれません。

 

でもYMCAといえば、結構ご存知かもしれませんね。

 

僕は西城秀樹さんの熱烈なファンではありませんが、一時代を風靡したスターとして、その早すぎる死はとても悲しいです。

 

そして、すべての亡くなった方に対して僕はいつも思うのですが、残されたほうが、何かバトンを渡されたような責任を感じてしまいます。

 

家庭菜園に力を入れていた秀樹さん

西城秀樹さんの訃報に関してあまり報道されていませんが、西城さんは家庭菜園に力を入れていました。

 

何かでそれを知って、初めはちょっとイメージから意外な感じがしたのでよく覚えています。

 

今思うと、脳梗塞のあとから血液をさらさらにするトマトとかに注目されていたとも思うし、また3人のお子さんと共通の体験をするということで、なさっていたのだと思います。

 

なので、僕はもし小さな庭があったり、ベランダのスペースが許せば、ご自分でトマトとかナス、キュウリなどの野菜を育てることをお勧めします。

 

少し本格的にやりたいけど、やったことがないし、子供たちとの貴重な時間を野菜作りをしたいと思う方には、レンタル農園がお勧めです。

 

単に野菜を作るだけでなく、同じ希望をもった方たちとのコミュニケーションとかもあり世界が広がることと思っています。

 

無料で見学会に参加できますので、興味をお持ちでしたら下記がお勧めです。

手ぶらで行けるサポート付き貸し農園【シェア畑】

西城秀樹さんの命を奪った病気は脳梗塞とか血液系のものだった

西城さんは10年以上前に脳梗塞を始めて起こしたとのことですが、これは普段の食生活で予防することが出来ると思います。

 

もしその傾向がある方は、いまから注意されることをお勧めします。

 

血管の壁とかが加齢とともに固くなったりすることはありますが、僕は、まずは血液をサラサラにすることを心掛けています。

 

具体的にはトマトを食べること、大葉を食べることですが、この二つとも僕の家の小さな庭でできるものです。

 

喫煙も悪いと言われていますので、やめるか減らすかします。

 

それと僕がいつも思っているのは、健康オタクにはならないことです。

 

あれが良いとかこれが良いとか、あっちこっち手を出してみたり、極度に食べ物に気をつかうのは、逆効果だと思っています。

 

そして西城さんは、リハビリに超人的な努力をなさっていたし、こうしたこともよくご存知だったと思います。

 

「リンゴと蜂蜜とろーり溶けてるハウスバーモンドカレー」は、今でも家でカレーを作るとなれば使っています。

 

どうもこれから、カレーを作ったり食べたりするたびに、しばらくは西城秀樹さんのことを思い出すような気がしています。

 

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

 

20180518 by okkochaan