Originally posted 2017-01-26 18:51:02.

こんにちは、おっこちゃんです。

 

 

先日、角田信朗さんと松本人志さんの確執?? という記事で本人にではなくブログで角田さんが松本さんによりを戻したいような記事を書いたことについて書きました。

 

 

今日はその続編ですが、その後、松本さんが番組で8年前の当時の話をしたようです。

 

 

「共演NGとかいうちっちゃい話ではない」と松本さんはコメントし、番組2日前のドタキャンが原因であったこと、また同時に、角田さんにブログでこれ以上の言及はしないで欲しいと求めました。

 

 

しかし、どうしたことでしょうか、角田さんは再びブログでの謝罪をし、その行為によって再度炎上が起こっています。

 

 

角田さんとしては、他に手だてがないためにと言い訳をしているようですが、僕はどうして、これほど明確にブログでの言及はしないで欲しいと言われながらも再度ブログでコメントしたのかについて考えてみたいと思います。

 

 

僕は、角田さんのような格闘家として素晴らしい方で、男のなかの男というイメージの方が、どうしてこのような間違いをするのか不思議でならないのですが、それはたぶん、僕が知らない角田さんという人間がいるのだろうと思っています。

 

 

この問題の原因とポイントは角田さんが自身のブログ上で理由も不確かなまま、松本さんから番組に呼ばれなくなったことを「松本さんにメッセージが届くように」願いを込めて書いたことです。

 

 

一般的に、直接本人にではなく自身のブログとはいえ、誰でも見ることができる状況で発信するということは、それを読んだ不特定多数の方からの賛同もしくは審判、もしくは相手に対しての批判があると取られます。

 







 

【僕自身の喧嘩の体験】

 

今は少ないですが、例えば夫婦喧嘩をあえて広場でやって、集まって見に来る人たちにどちらの主張が正しいか判定を求めるような行為は広く行われていたと思います。

 

 

僕も、真昼間から近所中に響き渡る声で2階の窓を開け放っての夫婦喧嘩を目撃したことがあります。

 

 

近所中の人が下に集まってきていて、おそらく当事者のご夫婦もそれを意識し、いわば半公開の場でお互いが引っ込みがつかなくなり、ますますエスカレートしていました。

 

 

喧嘩の原因はよくわかりませが、話題がお金のことに及んだらしく、まどからお札がたくさん降ってきました。

 

 

当時は子供だったのでよくわからなかったのですが、なんらかの理由で旦那のほうがあやまりお金を出して、奥さんが「いらないわよ!こんなもの!」といって窓から放り投げたのではないでしょうか。

 

 

そして当然ながら近所のギャラリーがお札を拾ってくれるだろうと素早く計算していたのではないかと思われ、事実その通りになったと思います。

 

 

今、殺人とかいじめとか、陰湿な事件が多いことに比べると、こうした公開での喧嘩のいい点もある気がしています。

 

 

またこんなこともありました。

 

 

【友達の夫婦喧嘩の間に入ってしまった話】

 

 

僕が親友といっていいぐらい親しくしていた中国の有人がいたのですが、彼はご夫婦で東京の石神井公園に住んでいました。

 

 

それまでも何度か夜に電話がかかってきて、夫婦喧嘩をしているといい、僕の友達と奥さんとが交互に電話に出てそれぞれの主張を30分ぐらいずつ聞きました。

 

 

そして、僕にどう思うか、どちらが正しいのかと問いただすのです。

 

 

内容もよく覚えていないのですが、僕はどちらも立てて仲よくするように話したと思います。

 

 

すると僕の友達は、それをTypical Japanese(典型的な日本人だ)と非難するのですが、他にどうしろというのでしょうか。

 

 

そして、ある時、池袋の交番からだということで、夫婦して交番に行き、そこから電話を貰ったことがありました。

 

 

日本人であれば、警察がらみになる場合は、ストーカー被害とかDVとかだと思いますが、これは純然とした夫婦喧嘩なので、交番のかたもさぞかし迷惑だったと思います。

 

 

そして例によって30分ハーフの電話でした。

 







 

【角田さんはどうすればよかったか】

 

話がだいぶそれましたが、例としてだした夫婦喧嘩は結論が出るものではないものの当事者同士が直接対決し、そこうえで合意の上で第三者が入っているという点が、角田さんの場合と全く異なります。

 

角田さんは、いきなりブログというツールで行い、松本さんとの直接のコンタクトをしていないことが最大の問題です。

 

そして松本さんから、くれぐれもブログでのコメントはやめてほしいと言われながら、再度あえて行う行為は、僕にはどうかしている、おかしいと思わざるを得ないのです。

 

 

ただ、僕が思うに角田さんのように、どこか一本ネジが足りないような方は世の中にたくさんいらっしゃると思います。

 

そして恐ろしいことに、当の本人は自分の何が悪いのかがどうしてもわからないのです。

 

そこで、誰か適切なアドバイスをしてくれる人に相談できれば良いのですが、それもできず、自分で良かれと思ってやることがすべて逆効果で、まるで底なし沼に捕まった人がもがけばもがくほど吸い込まれていくように、物事が悪い方に悪い方に進んでしまいます。

 

もし不幸にして、このような負のスパイラルに落ち込んでしまった場合はどうすればいいのでしょうか?

 

僕は、あちこちと意見を聞きまわったりするのではなく、一旦、可能な限りの付き合いを絶って、自分と向き合う時間をとり、徹底して自分の悪いと思うところを洗い出してみるといいのではないかと考えています。

 

奇しくもそれは、本日別に書いた記事、「やる気が出ない時にやるべきこと」と内容が重なりますので、よかったらこの記事下のURLから入ってご覧ください。

 

恐ろしいことに、人間は同じ過ちを何度でも繰り返すようにできています。

 

だから反省して気をつけますといったところで、問題解決はそれほど簡単ではありません。

 

要は本気で変わりたいと思えるかどうかなのだと思います。

 

以上、おっこちゃんでした。

 

20170126 by okkochaan