ブログ ユーチューブ 稼ぐ

この記事は、ブログとユーチューブのどちらが稼げるかと言う内容ではありません。

 

 

ブログやユーチューブで稼ぐために本当に大事なことは何かということについて書いています。

スポンサーリンク

 

何を発信すればよいかわからないという悩み

実は、僕は一貫して、ブログを書くのが苦手で、毎日の記事の更新ができません。

 

 

続けて習慣化すれば、息を吸ったりはいたりするのと同じように
出来るようになると信じてやってきましたが、
僕の場合は、しぶとくそうはなりませんでした。

 

 

もちろん、調子よく書ける時期もあるのですが、また止まるのです。

 

 

3歩進んで、2歩後退と言った感じです。

 

 

では、記事を書くのが苦手かというとそんなこともありません。

 

 

原因は、「何を書けばいいかがわからない」とか
「書くネタがない」というところにあります。

 

 

あまりにも、ありふれた問題で申し訳ないのですが、
僕は、アフィリエイトで稼ごうとしたのに挫折する
原因のほとんどはここにあると思っています。

 

 

これに比べるとワードプレスがわからないとか、
htmlやCSSがわからない、プラグインって何?
とかの問題は、些末な問題と言えると思っています。

 

 

また、極端な言い方ですが、情報発信をする人は、
ブログの場合だと、紙に原稿を書いたり、
ワードでベタ打ちしたりするだけでいいと
思っています。

 

 

写真を選んで張り付けたり広告を貼ったり、
を選択したりする作業は
他の人にお願いすればいいと思っています。

 

 

つまり、情報発信にとって、本質的かつ最も重要なテーマは
いかに価値のある記事を書けるかと言い切れると思います。

 

 

この問題の解決は、
・情報をインプットすること
・メモをとる習慣をつけること
の2点で克服すると多くの方が言っています。

 

 

人気のブロガーを見ても、記事や動画をアップする数は
半端なく多いです。

 

 

つまり、それだけ数をこなしているのです。

 

 

しかし、
・情報をインプットすること
・メモをとる習慣をつけること
が大事なことは誰でもわかると思いますが、
問題は、それが出来ないことなのです。

 

 

出来ない人はあきらめた方が良いのでしょうか。

 

 

僕は、この問題の本質はもっと深いところにあると思います。

 

 

つまり、そもそも情報のインプットや
メモをとることが出来ないという問題は、
単にやる気の問題ではないと考えます。

 

 

逆に、この二つが簡単にできるなら、
アフィリエイトで成功する人が少ない理由を
説明できないと思います。

 

 

いろんな教材やメルマガが例外なく
「マインドセット」から入っているのですが、
自分の本当の状態を知らしめて覚醒させ、
副業から独立を目指すように
マインドコントロールしているのが実態ではないでしょうか。

 

 

もちろん、その目的は情報商材を買って貰ったり、
有料塾に入ってもらうためです。

 

 

しかし、それでも成功する人が少ない理由は、
教材や塾が詐欺でもないかぎり、
教える側の問題ではなく、受け手が
話を聞いたときとか読んだ時に、わかった気になる
だけだからです。

 

 

結局、うまくいかないので、
教える側も見放してしまうか、
本気でやれば絶対に成功するという
話にしかなりません。

 

何を書けばいいかで悩むのは当たり前

もし僕がブログが書けない人にアドバイスするとしたら、
こうした場合、発想を変えて、
何を書けばいいかで悩むのは当たり前のことだと
認識してもらうことから始めると思います。

 

 

なぜ書けないか、それは、
その人がこれまで自分で何かを発信するということを
やったことがないからです。

 

 

少なくとも、人間が二種類にわかれていて、
情報発信する側の人間は少なくかつ特殊という
事では絶対にありません。

 

 

しかし、一方で、この比率、
つまり情報発信する側の人間と
受け取ることが専門の人間の比率は、
あまり変わらないのではないかと思っています。

 

 

つまり、情報発信での成功は、
結果から見ると、難しいと言えるし、
何を書けばいいかわからないというのは、
普通にあることなのです。

 

最近新しいブログを立ち上げる時に思ったこと

いま準備中なのですが、僕は情報商材の紹介とか
ブログ運営にかかる悩みを解決するブログを
新しく作っています。

 

 

そして、もっとも悩んだのは、
ブランディングをどうするかということです。

 

 

そして、別に減るもんでもないし、自分の写真と
名前を出してしまえと思うようになりました。

 

 

そのことで、自分への覚悟を確認するのと、
対象と想定している人たちからの信頼を獲得できると
考えたからです。

 

 

そこで、自分の写真をアプリで少しアレンジして、
リアルで僕を知っている、退職した会社の仲間達に
感想を聞いてみたりしました。

 

 

その時、ついでにアフィリエイトとか副業とかに
興味があるかと聞いてみたのですが、
約20人のうち、副業に興味ありと答えたのは、
2人だけだし、アフィリエイトについては、
1人もいませんでした。

 

 

また仮想通貨にいたっては、
多少知っている人でも、
「危ない」という認識だし、
「聞いたことがあるけど興味がない」
という人が圧倒的でした。

 

 

最近の調査でイギリス人で
仮想通貨を知っている人は、
わずか4%というものがありました。

 

 

これは一般に知られているデータより低い数字だとは
思うのですが、同時に、これが案外、実態に近いのかなと
思ったのです。

 

 

僕はその他の知人も思い浮かべてみたのですが、
やはり副業とかアフィリエイトに興味を持つ人は
ほぼいませんでした。

 

 

それでは、僕がブログを書いたとして、
その人たちが、読んでくれる可能性は
ないのでしょうか。

 

 

しかし、彼らのうちの、何人かは僕が書く記事に
興味をもってくれるし、感想を貰ったりもします。

 

 

また、フェイスブックなどのSNSはそれなりに
やっていたりします。

 

 

つまり、彼らは自分が主体になって、
情報発信をすることには、全く興味もないし、
考えたこともないのです。

 

 

ブログは検索エンジンから訪問してくれたり、
ツイッターなどの情報から興味を持った方が
訪問してくれたりするわけです。

 

 

しかし、僕は、
他の人もブログとかユーチューブとか
メルマガとかを普通に使っていると
思い込んでいたのです。

 

 

アメリカでスモールビジネスが盛んになり、
アドセンスなどで稼ぐことが普通であるというのも、
ちょっと疑わしいのですが、要するに、
まだまだブログやユーチューブは、
メジャーの情報媒体になっていないことに
僕は気づきました。

 

 

このことを自覚することが、
どんな意味があるのかよくわかりません。

 

 

情報発信をする人と、しない人との間に、
本質的な差はないと僕は思います。

 

 

ただ、別になんの差もないのですが、
世の中には情報発信する人は、
一定の割合でしかいないということに
僕は気づいたのです。

 

 

いつの時代でもおどる阿呆の方が少なかった

情報のインプットにしても、
情報発信をしたいという強い気持ちに
裏打ちされた勉強と、
知識を得るためとか
試験勉強のための勉強とでは、
全く意味合いが違います。

 

 

それは、知識を得るために学校に行くのか、
学校を卒業するために行くのかという違いとも言えます。

 

 

そもそも、何か情報を発信するという必要性を感じて生きていません。

 

 

周囲の人に変に思われないように、
過ちをしないようにと
用心しながら生きてきたので、
すべてのことが受動的なのです。

 

 

そんな状態で、
にわかにブログやユーチューブで
情報発信するといっても、
やれるわけがありません。

 

 

ブログやユーチューブで人気がある方の多くが、
別に知的なわけでも物知りでもない、
技術も大したことがないのには理由があります。

 

 

彼らはたまたま身近に
ブログやユーチューブがあったから
やっているのであって、
別にリアルで叫ぶなり話すなりしても
人を楽しませたり、感動を与えたりできるのです。

 

 

知識、技術はやりながら覚えていくわけです。

 

 

だから、ブロガーであれば、
とにかく文字を打ち続けないと
頭がおかしくなるぐらいの状態に、
ユーチューバーであれば、
毎日なにか動画をアップしないと
いられない状態に持っていくことが
一番大事なのではないかと思っています。

 

 

好きなことなら書けるからいいとか、
力を入れないで書けとか、
それぞれ正しいのですが、
やれない人に対しては、
全く別の角度からの教育が
必要ではないでしょうか。

 

 

教材とか塾とか、
そうした方法論は二義的な問題だと思います。

 

 

もしかすると、良いコーチがいれば
違うのかもしれませんが、
外部の教材や人に求めるのは、
間違っている気がしてなりません。

 

20181116 by okkochaan