不法投棄とは

金華山で不法投棄事件があり、罰当たりな宮司と報じられています。

 

この内容は、けっこうとんでもないものなので、逮捕もうなずけるのですが、
逮捕された宮司が「不法投棄と知らなかった」と話している点が、
興味をひきました。

 

もちろん、とぼけているとも考えられますが、法律を犯していることについて
意識が低いことも十分考えられます。

 

そこで、僕自身も日頃気になっていることを調べてみたのですが、
思わぬところで、不法投棄と判断される場合もあることを知りました。

 

ここで書いているのは、あくまで個人の不法投棄のことなので、
いわゆる産業廃棄物とかのことではありません。

 

自分の備忘録的な内容が中心になりますが、意外と盲点かなと
思うことを書いておきます。

スポンサーリンク

 

不法投棄の法的根拠

初めに不法投棄の法的根拠について簡単に押さえておきましょう。

 

ここがブレると、すべての話が噛み合わなくなってしまいます。

 

といっても、以下の2つだけです。

 

廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃棄物処理法)という法律があるんですね。

第16条:何人も、みだりに廃棄物を捨ててはならない

第5条:土地の所有者は、自分の土地を清潔に保つように努めなければならない

不法投棄を行うと5年以下の懲役、もしくは1千万円以下の罰金に処せられ、
またはこの両方が科せられる場合があるそうです。

 

また個人の廃棄物は、一般廃棄物と分類され、
産業廃棄物と区別されますが、
主に家庭から出るごみである、
生ごみや空き缶、ペットボトルなどのことです。

 

このあたりで、ちょっと心配性な僕としても、
気になることがあったので、確認してみたわけです。

 

自宅の庭に生ごみを埋めても不法投棄になる場合がある?

僕の最大の関心は、この点でした。

 

というのは、僕は、庭に生ごみを埋めていて、
自分では、大げさに言えば、
地球環境のために良いことをしていると思っているからです。

 

多少でも家事をしていれば、
毎日発生する生ごみの処理はけっこう重大な関心事ではないでしょうか。

 

 

何しろ、生ごみは、水分を含んで重いし、くさいし、
なるべく関わりたくないというのが自然な感情です。

 

僕はだいぶ前に生ごみ処理機をホームセンターで見て、
市の補助金もあると書いてあったので買おうかどうか悩んだりしました。

 

生ごみ処理機は、ベランダなど屋外に置かなければならないので、
電源の問題があります。

 

それと、若干ですが、臭いと音がでるのと、
手入れが面倒な気がして結局、買いませんでした。

 

コンポストとか生ごみ処理機については、
自治体が補助金を出してくれるところも多く、
その延長で、庭に生ごみを埋めることが
不法投棄にあたるとは考えたこともありませんでした。

 

そもそも自治体が補助金を出しているのは、
ごみ処理にかかる費用を削減するためです。

 

またベランダでダンボールを利用した
簡単な生ごみ処理機の作り方を書いてある
自治体の記事を読んだことがあり、
僕はダンボールでは弱いので、
猫のトイレを利用して自分で作り実践したこともあります。

 

この件、結論を言えば、
たい肥など有益な利用をするのであれば問題ありません。

 

ただし、その場合であっても、
臭いが出る場合とかは苦情が出れば
不法投棄とされる可能性もありますし、
それ以外のものは、
埋めること自体で不法投棄となることがあるようです。

 

考え方としては、先に引用した、
廃棄物処理法の16条と5条がすべてと言っていいでしょう。

 

猫などペットの遺骸も埋めてはいけない?

家族同然に思っていた犬や猫の死骸は、
廃棄物処理法では、一般廃棄物となるそうです。

 

つまりゴミとして処理されます。

 

これは、飼い主にとっては、
到底理解しがたいことだと思いますが、
これが法律なのです。

 

やっていけないことで、一番ありそうなこととしては、
川とか公園などの公有地に埋めることですが、
これは廃棄物処理法第5条に違反することになってしまいます。

 

この第5条は実はいろいろ書いてあるのですが、以下が該当する条文です。

第5条
4 何人も、公園、広場、キャンプ場、スキー場、海水浴場、道路、河川、港湾その他の公共の場所を汚さないようにしなければならない。

ただ自分の庭に埋めること自体は、
小動物であれば、穴を深く掘るなど
近隣への配慮さえしっかり行えば問題なさそうです。

 

大型犬などだと現実的に深い穴を掘るのが厳しいので、
火葬にしてさらに骨をくだいて、
しっかり土に還してあげることが供養になると思います。

 

庭木を切った枝とか雑草とかはどうすればいいか

僕は、庭を清潔に保つということに異論はないのですが、
何をもって清潔と言うかとなると
個人個人で若干違うのではないかと言う考えです。

 

たとえば、除草剤をまけば雑草は簡単に除去できますが、
そうした不自然な庭を僕は美しいと思えないし
清潔とも思えないのです。

 

 

除草剤は、それを知らずに食べた犬や猫が病気になったりもします。

 

 

また、除草剤は地下水に流れ、
川にながれ海に流れと考えると、
環境への影響を気にしてしまいます。

 

 

近頃は、環境への影響がほとんどないことを
売りにしている除草剤も売られていますが、
僕はあまり信用していません。

 

結局、僕は庭木を切った枝や葉は細かくして、
バラの花壇の根元などに置いて、
肥料兼、雑草が生えるのを防ぐことに役立てています。

 

基本的に、草も木もゴミとして出すことはなく、
庭のなかで土にもどすように努力しています。

 

感覚的には非常に価値のあるものを
捨てたくないといったところです。

 

ただ、夏など樹木や草木の生育が早い時期には、
どうしても庭が草ぼうぼうになったりしてしまいます。

 

コンポストもすぐに一杯になってしまって、間に合いません。

 

まあ、いろいろ工夫してやってみようと思っています。

まとめ

金華山の不法投棄に触発されて、
気になったことを調べて記事にしてみましたが、
結果的には、僕がやっていることは問題なさそうなので安心しました。

 

ただ、ここでは書きませんでしたが、
ゴミ収集所に不法投棄する人が必ずいますね。

 

出した人がわかれば引き取ってもらうのが
一番いい解決ですが、
特定できない場合は、
不法投棄として通報するしかないし、
あまりにひどい場合は、
監視カメラの設置とかになるかもしれませんね。

 

ゴミとか不法投棄についての法律とか、
小うるさいことが多い感じもするかもしれませんが、
まず自分たちの環境のためだし、
子供たちのためと考えれば、
やってはいけないことは、
おのずとわかるのではないかと思っています。

 

ゴミの分別では、特に資源ごみをしっかりと分別することは重要だし、
僕はこの点は、自信をもってちゃんとやっていると言えます。

 

金華山の宮司さんも、
ちょっと考えればおかしなことだと気づくはずだと思うのですが、
どうしちゃったのかなと思っています。

 

なお、不法投棄の罰金は、
少ない額ではないと個人的には思いますが、
さらに厳罰化する可能性もあると思います。

関連記事

 

ゴミ処理の方法を合理的で簡単にすることを追求しよう(生ごみ編)

ゴミ袋に名前記入させるのは違法?解決案はあるのでは

 

20181113 by okkochaan