ひたち海浜公園 コキア 駐車場

ふと思い立って、いま真っ盛りの、ひたち海浜公園のコキアを観に参りました。

 

しかし、平日なのにけっこうな方々がつめかけていて、これは土日だと渋滞で大変だなと思いました。

 

そこで、ひたち海浜公園のコキアを観るのにお勧めの駐車場を紹介しておきたいと思います。

 

もし参考になれば幸いです。

 

ちなみに、私が行ったのは、2018年10月17日の水曜日です。

 

あとで知ったのですが、テレビなどで紹介されていたそうで、メディアの強さをあらためて実感しました。

スポンサーリンク

 

ズバリお勧めは海浜口

ひたち海浜公園のメインゲートは西口です。

 

駐車場も広いし、高速道路から行くとほとんどの人は西口方向に行きます。

 

しかし、ネモフィラの時など高速からでるまでにすでに渋滞となります。

 

コキアについては、繰り返しますが平日でもありタカをくくっていたので、西口に行こうと思ったのですが、すでに軽い渋滞になっていたので、海浜口にコース変更しました。

 

ここでは常磐道を東京方面から下っていく場合を想定して説明します。

 

常磐道から北関東自動車道路に入り大洗方向に進み、ひたちなかの料金所を直進すると、そのまま常陸那珂有料道路に入ります。

 

これは100円で2区間だけなのですが、混雑を回避するポイントは、ひたち海浜公園ICで降りないで、そのまま直進し、突き当りを阿字ヶ浦方向に行くだけです。

 

突き当りはジャンクションになっているので左に入ってぐるっと回れば、そのまま左手に海、右手にひたち海浜公園の丘が見えます。

 

海浜口の案内が見えるので、右折で入って、そのまま登っていけば海浜口駐車場となります。

 


もちろん、混雑してなければ、ひたち海浜公園ICでおりるのが距離的には圧倒的に近いです。

 

あくまで渋滞の場合のお勧めです。

 

個人的には、せっかくの休みを渋滞でイライラするよりは海を眺めて走る方がいいと思っているし、混んでなくてもこのルートをとることが多いです。

 

西口だと海を近くで見られないのが僕にはストレスになるのです。

海浜口から見た阿字ヶ浦

 

海浜口利用のメリットと注意点

 

言い忘れましたが、海浜口は、ネモフィラやコキアを観る、みはらしの丘に最も近いゲートでもあります。

 

ただし、海浜口はいつでもオープンなわけではないので、オフシーズンに行くときは注意してください。

 

ネモフィラとかコキアのような多くの観光客がいる時は全く問題ないです。

 

逆に、ネモフィラの時に一度あったのですが、駐車場がいっぱいで海浜口すら入場制限がかかっていたことがありました。

 

その時は道が海沿いだったので、多くの車が道路の左に車を寄せてとめて、歩いて登っていったり砂浜で遊んだりしていました。

 

僕のように海の方がむしろ好きな方は、車の番をしながら海で遊び、ネモフィラやコキアを観る人と別れて行動もありかなと思います。

 

また、時間に余裕があれば、この道を海沿いに真っ直ぐ進んで那珂湊の魚市場に行けば、魚を安く買う事ができます。

 

まとめ

 

ひたち海浜公園は海浜口から入るのがお勧め。

車での行き方のポイントは、ひたち海浜公園ICで降りずに直進すること。

阿字ヶ浦の砂浜で遊ぶのもよし、那珂湊で魚を買うもよし。

 

ひたち海浜公園は、とにかくだだっ広い公園です。

 

いくら人が多くて待つことがあっても、公園に入って人がストレスになることはありません。

 

この公園の楽しみ方は、人それぞれでたくさんあると思います。

 

是非、家族サービスとか恋人同士とかで楽しんでください。

 

20181018 by okkochaan