パチンコ ライトスペック

最近、僕のパチンコライフも少し変わってきました。

 

他に夢中になっていることがあるからですが、
パチンコ屋に行くのも多くて週に2日ぐらいになっています。

 

これまでは、毎日のように夕方行って、
1日あたり2000円~5000円の収入を
積み上げるやり方をしていましたが、
今は、パチンコ屋に行く日は5時間ぐらい集中して打つ方法に変わっています。

 

それにともなって、打つ台もライトスペックにシフトしたのですが、
わりと好調なので、僕のやり方をご紹介します。

スポンサーリンク

 

デジパチは意外と損かも

これまでは、僕が一円パチンコ必勝法で書いているように、
99分の1の海物語をメインに打っていたのですが、
今はライトスペックの台を中心に打っています。

 

具体的には、199分の1の「CR黄門ちゃま」が多いです。

 

「CR黄門ちゃま」では結構稼がせてもらっていますが、
改めて大当たり確率の違いについても思うところがありました。

 

これは、かなり感覚的な意見であり、
ロジカルではないのですが、
低確率のデジパチの方が当たりやすいとは限らないという思いを強くしています。

 

パチンコで勝つために大事なことは、
いかに初期投資を少なくするかということです。

 

この点、高確率で当たるデジパチの方が
論理的には初当たりが早いので、
投資も少なくてすむような気がします。

 

ですが、この考えはしばしば裏切られます。

 

あくまで経験上と感覚的な判断なのですが、
デジパチよりもライトスペック台の方が
初当たりも投資も少ない場合がけっこう多くあります。

 

デジパチはお金もつかわず、
稼ぎも少ない、つまり
ローリスク、ローリターンという
イメージがありますが、
必ずしもそうではないのです。

 

デジパチも、まるで自分がデジパチだということを
忘れてしまったように、いくら回しても当たらないことは
しょっちゅうあります。

 

しかも、当たっても出玉が少ないので、
追加でお金を使わなければならないことも
多いです。

 

それに対して、ライトスペック台では、
1回の当たりで5000玉以上の出玉があることも
けっこうあるわけですから、
初期の段階で当たりを引ければ、
結果的にお金はあまり使わないことになります。

 

特に当たらないデジパチは、
やっと当たったと思っても、
連チャンしてなかったりして、
つぎ込んだお金を取り戻すことは
困難です。

 

負けても、当たればうれしいし、
遊びだからそれでいいという考えも
もちろんあると思います。

 

ただ、僕はデジパチはジリ貧になりやすいと
考えるようになりました。

 

それにデジパチを打つのは、お年寄りの方が多いです。

 

お年寄りの方がどう考えるかと言うと、
「あまり勝てなくてもいいから適度に遊びたい」
ということではないか、
お店はそれに合わせて適当に遊ばせているのではないかと思っています。

 

もちろん、僕がこれまでやってきたような、
毎日せこく稼ぐ貯蓄型は有効だとは思うのですが、
どうにも効率が悪いので、最近は
ほとんど打っていません。

 

100回に1回当たる台の方が、
200回、300回に1回当たる台より
当たりやすいわけですが、
「大して違わない」という見方もあるわけです。

 

これは、一種の心理的な錯覚なのかもしれません。

 

ライトスペック台での最近の実績

最近スペックを上げて、
199分の1ぐらいの台にシフトしてみたところ、
負ける時ももちろんありますが、
勝つときは1円パチンコにしては
まとまったお金を稼ぐことが出来ることがわかりました。

 

実際、最近の記録は、こんな感じです。

 

すべて黄門ちゃまでの実戦記録です。

わかりやすくするために、端数を処理して記載しています。

 

出玉 40,000 投資金額 8,000 収支 +32,000
出玉 12,000 投資金額 1,000 収支 +11,000
出玉 15,000 投資金額    3,000 収支 +12,000

 

負けた場合は、こんな感じです。
(だいたい5勝1敗ぐらいの割合です)

出玉 0 投資金額 8,000 収支 -8,000
出玉 0 投資金額 2,000 収支 -2,000
出玉 0 投資金額 5,000 収支 -5,000

 

ちなみに、40,000の出玉は、黄門ちゃまの20連チャンの
一撃です。

 

投資額の8千円までは、投資千円で3連チャンし、
その出玉4千玉を使い果たして現金追加を
していたところ、8千円目で引いた当たりが
20連チャンしたのです。

 

まあ、20連チャンは滅多にありませんが、
大事なポイントは20連チャンを引ける打ち方を
しているかどうかだと僕は考えています。

 

ここで、注目して欲しいポイントがいくつかあります。

 

1.買った時のリターンはライトスペックの方が断然いい。
2.投資金額はデジパチに比べて必ずしも高くない。

 

実際、一撃で1万玉でるのはザラにありますし、
5,000玉も出れば、そのあと追加投資もなく
しばらく打つことが出来、
再度当たりを引ける確率も高いです。

 

以上から、僕の結論としては、
毎日通って貯蓄型のパチンコを打つならデジパチだし、
週に2日程度しっかり打つのであれば、
ライトスペックがいいかと思っています。

 

なるべくお金を失いたくないという思いで、
デジパチを打つ人も多いと思いますが、
少なくともデジパチがローリスクということは
ありません。

 

ライトスペックは勝ちやすい形を描きやすいし
たとえ負けていても、
最後まで可能性を感じながら打てるので、
精神衛生上もいいと思っています。

 

また、しっかり収益を意識するのなら、
仮に土日しかパチンコを打たないとした場合、
月10万円を稼ぐためには、8回打ったとして、
平均すると1日あたり12,500円勝てばいいことになります。

 

これは十分に射程圏内にあると言えます。

 

ライトスペック台の勝ち方 5つのポイント

僕が心掛けていることは、以下の5点です。

 

なお、ここには入れていませんが、チョコチョコと台の移動をするのは厳禁です。
それでは、まず勝てません。

 

台を見切る場合も、しっかりと自分で根拠を確認して行ってください。

 

ポイント1 自分が好きな台を打て
ポイント2 当たっている台を打て
ポイント3 出玉が多い台を打て
ポイント4 玉がよく入る台を打て
ポイント5 1玉たりとも無駄にするな

 

ポイント1 自分が好きな台を打て

いくら稼ぐためとはいえ、打っていて面白くない台はやめた方がいいです。

またリーチパターンをすべてわかってしまって、飽きて来たら同じくやめた方がいいです。

結局、楽しめないと打ち方もいい加減になるし、微妙な台の変化を感じることも出来なくなり、勝てません。

 

 

ポイント2 当たっている台を打て

パチンコは徹底的に不公平なゲームです。

 

当たる台は当たり続けるし、当たらない台はいくら粘っても当たりません。

 

ハマっているから、そろそろ当たるだろうとか、
いい加減当たっているので、そろそろハマるだろうとか。

 

こんな予測はまず外れるし、自分に都合よく台を解釈しているにすぎません。

 

台からすれば、そんなことは、知ったこっちゃないのです。

 

台のデータで単発が5回ぐらい続いて2、3回の連チャンがあり、
また単発が続くというパターンをよく見ますが、
これは打つべきでない台です。

 

逆に当たれば常に連荘しているような台を打ちましょう。

 

連ちゃんが続いてやめた台とかはねらい目です。

 

ただし、大連ちゃんのあととか、何百回もはまっているような台は避けた方が無難です。

 

ポイント3 出玉が多い台を打て

出玉の数は台のスペックできまってしまう事ですが、
大当たりの出玉が多い台を狙ってください。

 

出玉が多いから当たりずらいということはないし、
逆に出玉が少ないから当たりやすいこともありません、

 

ポイント4 玉がよく入る台を打て

これはすべてのパチンコに共通したことです。

 

とにかくよく回る台を打ってください。

 

ストロークが安定していて、
玉が良く入るポイントを外さなければしっかりと入賞する台です。

 

良く入るポイントは、機種と店の設定の仕方でだいたいわかります。

 

2,3パターンで打ってみて、
ここだと決めったら動かさないことです。

 

実際に打ってみればわかるので、
釘の読み方を知る必要はありません。

 

玉がよく入ることは、勝つための絶対条件と思ってください。

 

回転数をあげる打ち方についての記事は
最後にリンクを貼っておきますので、
参考にしてみてください。

 

ポイント5 1玉たりとも無駄にするな

パチンコでの収支がプラスの人とそうでない人の違いは、
無駄玉を打っているかどうかという点にあります。

 

止め打ちをしっかりと行い、
ラウンド間が空いた時とか大当たりが始まる間とか
ロングリーチの時とかも止め打ちをしてください。

 

また負けていても、最後の1玉まで絶対にあきらめないでください。
勝利の女神はそんな人に微笑むのです。

 

僕は結構な頻度で、出ないと思って席を離れたあとにあたっている台を見ています。

 

また、粘った後についにあきらめてやめた人のあとに来た人が、
いわゆるお座り一発で、当たる場面もよくあります。

 

先日もこんな光景を見ました。

 

微妙に残った数発の玉を処理するために、
店員が打って台を離れたのですが、
その玉が入賞し、メーカーのロゴが出て
大当たりが確定していました。

 

なにも知らない、おばあちゃんが来て、
台の様子がおかしいと思い、
僕の方をみて打っていいのかな?
という顔をしていたので、
僕は無言でうなずいて、OKのサインを
出しました。

 

そして、その後、数連チャンしていました。

 

僕自身、最後のリーチで当たりを引いたことは結構あります。

 

最後の1発までこだわる人を、パチンコの神様は
微笑んでくれるのです。

 

 

最後に

僕は特別にパチンコが上手なわけではありません。

 

うん十年のパチンコ歴がありますが、トータルでは
負けていると思っています。

 

ただ、常に冷静に、感情に動かされず、
自分に厳しくプレイすれば、
パチンコは勝てると思っています。

 

もちろん、パチンコは負けるように出来ています。

 

もしすべての台がスペック通りに波もなく
単発の当たりしかなかったとすると、絶対に勝てません。

 

これは肝に銘じておいてください。

 

パチンコで勝てるのは、当たりに波があるからです。

 

なぜ波があるかというと、ゲームを面白くするためです。

 

結局、パチンコで勝つためには、少しでも
当たりやすいようにお店を選び、台を選び
自分の決めた打ち方を守って対抗するしかありません。

 

自分の決めた打ち方とは、どの角度から攻めるか、
どの角度からは攻めないかというストイックな
戦略に他なりません。

 

もしハマリ台を常に狙うハイエナ作戦をとるのであれば、
徹底してハマリ台のみを狙ってみてください。

 

そこで一定期間の収支がプラスであれば、
その作戦は有効かもしれないということになるわけです。

 

また、当たりやすい台を選ぶのに絶対はありません。

 

当たっている台を選ぶのは、当たっていない台より
当たりやすいという観察に基づいたものですが、
例外もたくさんあることは忘れないでください。

 

そうした試行錯誤のなかから、勝ちやすい形が
出来てくると思います。

 

関連記事:

【1円パチンコ必勝法】ストロークを工夫して楽しむ

【1円パチンコ必勝法】 1円パチンコの甘デジで月10万円を安定して稼ぐ僕のせこいやり方(その一)

【1円パチンコ必勝法】 1円パチンコの甘デジで月10万円を安定して稼ぐ僕のせこいやり方(その二)

【1円パチンコ必勝法】 1円パチンコの甘デジで月10万円を安定して稼ぐ僕のせこいやり方(その三)

 

20181126 by okkochaan