三浦瑠璃 北朝鮮

美貌の国際政治学者として最近メディアによく出ている三浦瑠璃さんが、11日のワードショーで北朝鮮の工作員が大阪など、日本国内に潜伏しているとした発言についてツイッターなどで強い批判をされています。

スポンサーリンク

 

何が起こったか

 

まずは百聞は一見にしかずなので、下記の動画をご覧ください。

 

 

上記の動画に続いて問題になった発言はこれです。

 


問題の発言のあたりを書き起こすと以下の通りです。

 

三浦:NPRと言われるのが更新されて…核兵器をより使える方向に舵を切ったんですけど、で、考えてみましょう。

もしアメリカが北朝鮮に核を使ったら、アメリカ大丈夫でも我々は、けっこう反撃されそうじゃないですか。

実際に戦争がはじまったら、テロリストが、仮に金正恩さんが殺されても、スリーパーセルといわれて、もう指導者が死んだってわかったら、もう一切外部との連絡を絶って都市で動きはじめる。

スリーパーセルというのが活動はじめるって言われてるんです。

 

東野:普段潜っている暗殺部隊

 

三浦テロリスト分子がいるわけです。それが、ソウルでも、東京でも、もちろん大阪でも、いま、大阪けっこうやばいって言われていて

 

松本:潜んでるということですか?

 

三浦潜んでます。っていうのは、いざという時に、最後のバックアッププランですよ。そうしたら、首都攻撃するよりかは、正直、他の大都市が狙われる可能性もあるので、東京じゃないからと安心はできない、っていうのがあるので、正直、我々としては、核だろうとなんだろうとアメリカに戦争してほしくないわけです。

 

この通り、三浦氏は学者でありながら、確証がないと思われる事項に関して、潜んでいると断言している点が問題になっています。

 

また仮に、確証があることであったとしたら、なおさら、こうした場所でスパイの状況を把握しているぞとわざわざ発言するのは、それを知ったスパイがどのような行動にでるかを予測し対策したうえでなければならないはずです。






ネットでの厳しい反応

 

 

僕の意見

三浦瑠璃さんという方は美人でなければ、もっと優秀な学者になれたかもしれないと思います。

 

彼女の豊かな民主国家を好戦的にしないために老若男女を問わない徴兵制を提案する
というものは、立場を超えて一理あると思います。

 

日本に平和のための徴兵制を

 

今回のことで彼女が東大からも叩かれマスコミからも相手にされなくなったりすることがもし起こったとすれば、それは一時的には、不幸なことではありますが、人生万事塞翁が馬の話のように、最終的に国連などで世界平和のために戦うような人に成長することを、僕は期待しています。

 

それは彼女が尊敬しているという三島由紀夫の「豊饒の海」の主人公のように生まれ変わるというプロセスを経てのことかもしれませんが。

 

20180212 by okkochaan