トレンディーおっこ

はじめまして、おっこちゃんと申します。

 

僕はブログアフィエイトということをやっています。

 

 

それは簡単に言えば、ひとに役立つ記事をブログに書いて、読んでいただき、そこに関連する広告から商品を買っていただいたり、広告をクリックしていただいたりすると収入がはいるという仕組みなのです。

 

スポンサードリンク

 

初めは軽い気持ちで始めたのですが、これが思いのほか面白くて、細々と続けていましたが、ようやく少しはまとまったことがしたいという思いがあり、専門サイトというものを立ち上げたいと考えました。

 

しかし、実際に何について書いていくかと考えた時に、その対象とする分野があまりにも広大で深いことにすぐに気づき、これまで漠然と考えていたシニアを対象とするサービスやビジネスというものを、シニアという言葉で一括りすることが出来ないことがわかりました。

 

 

結局のところ、僕も多くの他の人たちと同じで、シニアというものを何となくイメージし、勝手に漠然と思い込んでいただけだったのです。

 

 

例えば、何かの商品をシニア対象にリサーチするとした場合ですが、中学生や高校生といったくくりでのリサーチとはあきらかに異なります。

 

 

シニアは価値観も人生経験も多様であり、まとめづらいのです。

 

 

そこで、僕の考えた当面の行動とは、とにかくシニアに関することをランダムに記事にすることでした。

 

 

しかし、テーマをシニア関連に特定することも意外に難しく、ブログとして特徴を出すことに悩みましたが、結局、僕が興味をもったテーマについて、とにかく書いていってみることにしました。

 

 

そもそもですが、僕が書く内容は、別にシニアにだけあてはまることではなく、むしろ年齢・性別を問わず人間の普遍のテーマとして、誰にでもあてはまる事であるかもしれません。

 

 

僕は記事の流れがそうした方向になっていったとしても、それでいいと思っています。

 

 

ほかならぬ僕自身がシニア世代であるという理由だけであれば、シニアという枠をとっぱらったとしても何の問題もありません。

 

 

たまには写真で掲載したネモフィラの丘のような場所の観光記事を書くかもしれません。

 

 

でも、それは、「きれいだな、いってみたいな」という気持ちをサイトに訪れてくださる方に提供したいからではありません。

 

 

僕は常にそこにいって思ったこと、あるいは訪問客にいったと
同等の感動を与えることを
目的として書くでしょう。

 

スポンサードリンク





 

ただ、そうはいいながらも、シニアのためのマインドセット(マインドセットという言葉は便利ですが意味不明な部分もあり、あまり好きではないのですが)、インドの哲学者が言っているように、
どのような人間であっても、朝起きた時に見る風景が、あたかも生まれて初めて見る風景であるかのように、
馴染んだ家の毎日みる風景、毎日会う人たちに新鮮な感動をもって接することができることを目指していきます。

 

 

また、どのような人であっても、信じられないような宝をもっていて、それは、その方の幼年時代であるかもしれず、好きな人の思い出であるかもしれません。

 

 

ですが、僕の究極の目的は、そうした大事な宝を過去のものであったり、単に飾っておくものとしてではなく、現在の今のものとして、その価値を100%出し切らせることにあります。

 

 

そのためには、まずは、偏見を徹底的に捨て去る必要があると考えています。

 

 

そして、その偏見を捨てることがもっとも重要ではありますが、同時にそれは、もっとも難しいことでもあると考えています。

 

 

僕は、僕自身もそうですが、やはりほとんどの人は偏見で固められていると考えています。

 

 

偏見とは、物事に対して、単一のあるいは、一面だけの見方しかできず、またそこから一歩も動けない不幸な状態をさします。

 

 

そして、偏見を除外するのは、容易なことではありません。

 

 

実際、偏見を常識と同意義でとらえている方も多いことと思います。

 

 

それは、その枠内(価値観内)にいれば、安全であるという生存本能がベースになっているからです。

 

 

ですが、本当に生きるためには、最終的には排除しなければならないものです。

 

 

それを少しでも助けるために、僕がブログに書く価値観の提供とは、見方は立ち位置によって、物事がいろいろな面でみることが出来ることを証明するものであるかもしれません。

 

 

ちょっと偉そうに書いてしまいましたが、僕のブログについて、いろんなご意見を頂戴できると嬉しいです。

 

 

以上、とりとめがなくて申し訳ありませんが、このブログの目指すところを書きました。

 

 

よろしくお願い致します。

 

 

20170327 rewrite by okkochaan