yokoさんによるイラストACからのイラスト

パチンコ海物語で甘デジの攻略法などあるのでしょうか?

 

答えは、Yes & No です。

 

攻略法を勝つための立ち回りや台の選択を含めて広義にとらえればYesであり、セット打法などあやしげな攻略法という意味であればNoだからです。

 

僕はなんとかパチンコの収支はプラスですが、たいした金額ではなく、家の光熱費を払ったり食費の補助ができる程度の金額を稼いでいます。

 

パチンコは7割以上の人は負けているともいわれ、人によれば勝つのは1割という人もいます。

 

それはホールでの様子をみてもわかります。

 

つまり負けないというだけで、パチンコの実力はわりとある方であるという事になるらしいです。

 

そこで、参考になるかどうかわからないし、保証もできませんが、僕が実際にどのような手順で台を選んでいるのか、その台をやめるとか逆に粘る時はどのような判断でやっているのかを書きます。

 

パチンコで勝つには良い店に行って出る台を打つだけ

僕にとってのパチンコはギャンブルとはほど遠く、僕はパチンコ店およびパチンコ店のお客様たちからわずかな施しをいただいているという感覚なので、ことパチンコに関しては感謝の気持ちしかもっていません。

 

でも、ここ最近の風潮として、パチンコをしているというと、あまり良い印象をもたれないのであえて言います。

 

僕はホールに入った時ほど心からほっとすることはありません。

 

あの騒音と煙草の煙にもかかわらず、僕にとってはやすらぐ場所なのです。

 

僕は、修行僧が施しをいただくために托鉢をするような気持でホールに行っています。

 

そこは冬は暖かく、夏はすずしく、店は明るく漫画もよめればテレビもみられるという超リラックス空間なのです。

 

不満を言えば空気が悪いことと音がうるさい点です。

 

パチンコは本当にいろんな機種を打ってきましたが、今はパチンコ 海物語の甘デジ、それも1円パチンコに落ち着いています。

 

沖海4のアイマリンがもっとも波もおだやかで、安定して勝つことが出来ています。

 

おそらくパチンコ店にとってもそうだと思いますが、海物語はどの店でも台数が多いし収益も計算しやすいので、釘も甘めでよく回る台が多いのです。

 

結局、パチンコで勝つには良い店に行って、出る台を打つだけのことだし、それがなければ打たなければいいのです。

 

しかし、たいていの人はこの単純な事が出来ず、余計なことを考えて、余計なことをするので勝てません。

 

まあ、そういう方たちのおかげで店は成り立っているし、僕もわずかながら施しを受け取れているので、そういう人たちを批判する気持ちも全くないのですが。

 

僕の手順・立ち回りの紹介

 

お店に行くのは午後

 

僕はパチンコ依存症でもないし、ましてプロでもないので、前日に台を見て朝一に開店をまって台を確保するようなことはしません。

 

これらを最低限の努力と言う方がいらっしゃいますが、僕はそうは思いません。

 

午後に行くのは、午前中の打ち込みの様子で、その日の大勢がわかるからです。

 

わかることは、その日の台の調子とか全体的に出しているかどうかの2点です。

 

機種は海物語甘デジ、アイマリンの一択

 

理由は台数が多いこと、シニア層が多くうまい人が少ないことにあります。

 

人気があるので、店側も釘を絞ったりする必要もなく、良く回る台が多いからだし、海物語はシンプルで飽きないからです。

 

台が一台も空いていないこともありますが、そのような時は、自分の規準に合う台が空かない限り打ちません。

 

台の選択基準

 

以下を基準としています。この方法の良い所は、履歴ボタンを押したりする必要もなく、空き台をちょっと見ればすぐわかる点です。

 

なお、釘のチェックはしませんが、良く回ることがわかっている台を知っている場合はその要素も加えればいいかと思います。(いまのパチンコ店は原則的に釘をいじらないし、昔のような小細工はしないので、良く回る台はだいたいずっと良く回るのです)

 

当たり回数が多いこと

履歴で、その日の当たりが300回転未満であり大きなハマりがないこと

単発当たりが少なく連チャンしていること

当たり後の回転数はなるべく少ないこと(当たってすぐに止めている台は理想)

出玉グラフがあれば上昇を示していること

 

この選択基準について異論があることはわかっています。

 

その論拠としては、パチンコはチェッカー入賞時に毎回抽選を行う完全確率性なので過去の履歴には何の意味もないというもの。

 

また波理論は間違いなので、ずっとはまっていると出やすいとか、連チャンしたあとはハマることもないというものです。

 

これらが間違っているとは言いませんが、実戦的でもなければ勝てる方法とも思いません。

 

パチンコで勝つには、なるべく早く当たりを引くことが重要なのです。

 

その為に大事なのは理論でも法則でもなく、実戦とか経験値に基づいた蓋然性(Possibility)なのです。

 

僕は、その日の調子が良い台はだいたい一日(少なくとも半日)は調子がいいし、悪い台は悪いと見ています。

 

調子が良い台は、その日50回とか60回当たりますので、その台のあたりが仮に18回だとすると、「この台は50回あたるだろうか」ということを考えながら選択しています。

 

もちろん予想が外れることもありますが、その場合は台を変えればいいだけです。

 

大事なことは、規準に合致した台しか打たないことなのです。

 

打ち始めてからやる事

 

まずは50回転させて以下を厳しくチェックします。

 

ここはいい加減な妥協は絶対にしないでください。

 

回転数

目安としては、保留3での止め打ちを頻繁に行わなければならないぐらいの状態かどうかです。

 

保留3で止めても4個目の入賞がよくあるような台とも言えます。

 

回転数を数えるのは無駄な労力なのでやっていません。

 

逆に保留ゼロで回ってもいない状態がよくあるようならば、ストロークを変えてみます。

 

それでも大きな改善がないようであれば止めます。

 

いずれにしても、多く回ることは勝つための必須条件であり、最重要な指標となります。

 

50回転後に決断すべきこと

50回転させて当たりがない場合、または50回転内に当たりがあり、時短が終了したあと50回打ってみて、その台をうち続けるかどうかの決断をします。

 

この場合の判断材料は、よく回るかどうかです。

 

なぜなら、その他の要素については、台の選択時に終わっているから必要ないからです。

 

そして打ち続けると選択した場合は、時間の許す限り打ち続けてください。

 

もう他の台のことは考えないでください。

 

その台は50回は当たると信じ、もし現在の総当たり回数が20回なら、台の見立て通りなら、あと30回は当たると考え、ストロークの状態と止め打ちをしながら回し続けるだけです。

 

決めたからには最低でも持ち玉は全部打ち込み、多少のハマりは無視します。

 

「あん時やめとけばよかった」とか考えてはいけません。

 

そうなる時もあるぐらいに気楽に構えた方がいい結果に結びつくと思います。

 

負ける人の特徴

 

最後にパチンコで負ける人の特徴について書きますので、ご自身がそうなっていないかどうかチェックしてみてください。

 

・落ち着きがなく、いつでももっといい台があるのではないかと周りをキョロキョロしてみている

・他の台で大当たりがでると気になってしかたがない

・台の選択に根拠がなく、同様に根拠なく台を移動する

・ストロークが雑

・止め打ちをしない

・カードの抜き差しとか台を休ませるとか、持ち玉があるのに現金投資をするとか、意味不明のオカルト的なことをしている(これらは当たりとは全く関係ありません)

・連チャンしたらすぐに台移動する(せっかくのチャンスを無駄にしています)

・とにかくパチンコを打つだけが目的で、常に打っていないといられない

・回転数について無頓着である

 

以上、思いつくままですが、逆に言えば、これらの事をすべてやらなければ、そこそのこ成績がだせるはずだと思っています。

 

パチンコで金持ちにはなれません

最後に、僕がパチンコについて悩んでいることを書きます。

 

それは僕にとってのパチンコの位置づけについてです。

 

僕はパチンコで金持ちにはなれないことがわかっています。(勝てないという意味ではなく、例えば1億円稼いだりはできないという意味です)

 

では、月10万円は確実に稼げるかと言うと微妙だし、出来たとしてもそれには少なからぬ時間を要します。

 

その意味では、パチンコはあきらかに時間を拘束された肉体労働なのです。

 

実際、僕は他の仕事をもっているし、その仕事のなかには大きく稼ぐ可能性があったり将来的に不労所得を得られる可能性が強いものが含まれています。

 

そうすると、僕にとってのパチンコは何の意味があるのかということになります。

 

ホールに入ってほっとするような心の安らぎがもっとも意味がありそうなので、現時点では当面の小金づくりと安らぎということで納得はしているのですが、別になくてもいいんじゃないかという気持ちがあります。

 

いや、たぶんなくてもいいんだと思います。

 

最大のネックは時間をパチンコに奪われ、もっと時間をかけるべきことがおろそかになることです。

 

時間だけは取り返しがつきませんからね。

 

なので、これからはパチンコはほどほどにしようかなと思っています。

 

毎日行くよりも、その方が効率よい勝ちパターンがつくれるような気がしています。

 

20191213 by okkochaan