Originally posted 2018-07-05 13:48:11.

アイフォン アンドロイド 乗り換え

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

格安スマホには前から興味をもっていたけど、
愛用している2代目のiphoneも2年半使っていて、
そろそろ電池も弱ってきたので、思い切って
アンドロイドに変えてみました。

 

実際には、予定外で衝動的に変えたのですが、
このiphoneからアンドロイドへの乗り換えで、
予想以上に悪戦苦闘したので、
そのあたりのことを書いておきます。
なお、コスパについてだけいっておくと、
月8,000円かかっていた固定費が
5,000円になったので、
これは良かったと思います。

 

最近、格安スマホの宣伝もすごいし、
ネットで調べても、特に使い勝手については、
あまり見当たらなかったので、
同じことを考えている方の
参考になればと思います。

 

細かい値段の比較をしたりするわけでは
ありませんので、気楽にお読みください。

スポンサーリンク

 

なぜアイフォンからアンドロイドに変えたか

直接的な原因は、ちょっと話しかけたワイモバイルの
あんちゃんの対応が良かったからです。

 

僕が日頃から思っている疑問に答えて
くれたので、見事に彼のペースに
はまってしまいました。

 

もちろん、スマホ代金8,000円は、
僕の使い方ではもったいないと
思っていました。

 

ただ、アンドロイドで気になっていたのは、
アイフォンと比べてどのくらい
やれないことが出てくるのかという点
でした。

 

その、あんちゃんの答えは、問題ないし
アプリもちゃんと使えるとのことでした。

 

実際に支払う金額としては、宣伝している
金額に故障時の保険とか初回の
登録事務手数料が3,000円とかかかります。

 

それにアイフォンの中途解約で1万円
かかります。

 

一通り説明を聞いて、かなり迷っていたのですが、
そのあんちゃんが、中途解約料金の
1万円をキャッシュで払うというので、
契約することにしました。

 

悪戦苦闘したその後

1.データや契約の移管

僕はずっとスマホを使っているので、
正直言って、軽く考えていました。

 

ただ、電話会社が変わるので、
当然、スマホのメールアドレスが
変わります。

 

また電話番号もツイッター認証などで
変えたいと思っていたので、
ちょうどいいと思ったのです。

 

ただ、メールアドレスとか電話番号を
これまでの契約とかで変えるのは
まんどうだなーと面倒に思っていました。

 

これまで、変えなかった最大の理由も
そこにあるかもしれません。

 

ですが、変化を恐れては進歩はないと
勝手に強く思い込み、思い切って
一歩踏み出すことにしたのです。

 

スマホのメアドや電話番号を契約とか
ネット銀行登録とか仮想通貨の取引所とかに
登録している方は多いと思います。

 

メアドと電話番号を変えるという事は、
それをすべて洗い出して、一つ一つ
変更手続きをしていかなければなりません。

 

正直言って、後戻りしたいぐらいの
気持ちが出てきたりしました。

 

またアップルとの関係が切れると
iCloudが利用できなくなりますが、
僕はメモを活用していたので、
これに変わるものを探して
データを移管しなければなりません。

 

結局メモについては、PCのメモ帳に
コピペし、それをパソコン保管すると
ともに、Evernoteで検索できるように
しました。

 

ここの契約については、すべては
書きませんが、例えばゆうちょ銀行の
ネット取引については、フリーメールだと
送金が5万円までという大きな障害が
でます。

 

アンドロイドで新たに取得するne.jpの
メアドを使えば問題はないです。

 

電話番号の変更についても、これまでの
契約を一つ一つ変更していきます。

 

以上のように、これだけでも、
結構めんどうです。

 

2.アプリの問題

利用できるアプリもアイフォンとアンドロイドでは、
大きく異なります。

 

例えば、ツイッターひとつとっても、
操作や操作性が微妙に違います。

 

それでも、ちゃんと動けばいいのですが、
なかには同じアプリかと疑うほど、
使えないアプリがあり、この問題は
まだ解決していません。

 

僕は、アプリは同じように動くものと
勝手に思っていたのですが、これが
大きな間違いでした。

 

結局、アイフォンも解約はしても
手元に置いて、家のネット環境で
使おうと思っています。

 

以上から思うのは、僕のように、
単純にアンドロイドを
新規で取得して、iphoneを捨てる場合、
これまでの利用状況をよく
考えた方がいいということです。

 

3.結局、まる一日移管手続きにかかりました

僕は一時間ぐらいで終わるだろうと
軽く考えていましたが、結局、
一応移管が終えて、アンドロイドを持って
外出できるまで、丸一日かかりました。

 

結局、アイフォンからアンドロイドへの乗り換えは失敗だった?

これまでお読みいただいた方には、
アンドロイドへの変更をやめたと
決めた方もいらっしゃると思います。

 

僕がこの手続きのなかで、やらなきゃよかったと
思わなかったと言えばウソです。

 

でも、考えてみると僕が得たものも
大きかったと思います。

 

何気に思っていたアイフォンもアンドロイドも
一緒だという思い込みが瓦解しました。

 

特にアプリの違いについては、考えてもいなかったし
ネットでもチェックしていませんでした。

 

(アプリがないのではなく、同じアプリでも
全く違ったりするのです)

 

総じて、アイフォンは、すべてのアクションが
洗練された一流の感覚があるのに対し、
アンドロイドでは、すべてのアクションが
どんくさくて、二流とか亜流の感覚があります。

 

アクションに対して、いちいち確認を求めたり、
アンドロイドはアイフォンとガラケーのあいの子だろうと
正直思いました。

 

しかし、アイフォンに出来てアンドロイドで
出来ないことは、ほぼないとも言えます。

 

優秀なアイフォンに初めから付き合っていたので、
アンドロイドがどんくさく見えるのは、
たぶん仕方がないことだと思います。

 

まあ、僕には意外とお似合いのスマホかなと
思っています。

 

20180705 by okkochaan