こんにちは、おっこちゃんです。

 

僕はメルマガでブログの作り方や書き方の基本を教えたりしているのですが、やはり最も多い悩みは何を書いたらいいのかわからないという悩み、つまりブログネタに困っているという悩みです。

 

トレンドアフィリエイトをする場合は、どうしても検索件数が多いもので書きたくなります。しかし自分が書きたいと思ったキーワードをヤフーニュースなどをソースとして拾っていくつか見当をつけても、いざそのキーワードで検索をかけてみると、とても勝てそうもない強いサイトやまとめサイトばかり出てきて書く気が失せてしまいます。

スポンサードリンク

 

さらに、自分がそのネタで何かオリジナルな情報発信ができるかと考えたときに、結局はこれまでの他人の書いた記事を参考に組み立てるしかないので、オリジナルな記事には違いないけれども自分でも価値のある記事とはとても思えないし、結果、検索上位に表示されることもない、もしかして手動ペナルティを受けたのではとウェブマスターで調べてもそれもなし・・・・・

 

つまり、あれもなし、これもなし、およびでないのねと暗い気持ちになってしまい、なんとなくウェブを眺めたり、SNSで遊んでみたり、関係ない動画を見てみたりして気がついたらせっかく確保したはずの自分の時間が3時間も経過してしまっている・・・

 

こんなことが多々あって、これが続くと徐々にブログを書く気も失せて、なんとなく辞めてしまうといったパターンです。

 

僕は、自分がそのような状態であったので、この状態はものすごくよくわかります。

 

このような時に、この状態を脱却するには、いったいどうすればいいのでしょうか。

 

僕は、これについて行っていたことは、いくつかあるので参考になればと思い書いてみます。

 

以前もどこかで書きましたが、ブログや文章を書くという行為は、決して未知の領域に踏み込むということではなく、むしろ自分を形成している無駄なものを削っていく作業なのです。

 

書くことがない、伝えるべきものがないわけではなく、正確には何を伝えればいいのかわからないと言うべき状態です。

 

これはスランプといっていいのかと思いますが、このような時にも決してブログを書くことを辞めてはいけません。

 

とはいえ、このような時には、一旦パソコンを離れて違うことをやるといいと思います。

 

もちろん、気軽に旅行に行ったり何かスポーツサロンに行ったりできる方であればそれでもいいですが、僕の場合はそんな習慣もなく、気楽にあって話せる友達がいるわけでもありません。

スポンサードリンク




 

僕の場合は、主夫もずっとやっていますので、家の片付けとか料理とかを、好きな音楽をガンガンかけて行います。体を動かすということは、それだけでポジティブな気持ちになれるものです。

 

特に料理はとても好きで、自分の目標もはっきりしています。それは、「安い、早い、旨い」の3拍子が備わっていない料理は徹底して除外していることです。そして先ずは家にある材料でできる料理を考えます。

 

昨日も台所の素材をまとめていたら、なんと、パスタが大量に発掘されたので、しばらくはパスタに打ち込むこととし、ペペロンチーノを3回ほど作りました。

 

ペペロンチーノのポイントは、フライパンに、にんにくを刻んだものと唐辛子を刻んだものをフライパンを温めずにオリーブオイルにひたし、パスタを塩を加えてゆでたゆで汁を加えて、乳化させることにあります。

 

この乳化の際に、フライパンを回す感じで振るのですが、初めはうまくいかなかったのですが、回を重ねるたびに上達し、3回目にして、ペペロンチーノについては、素早く美味しく仕上げることが出来るようになりました。

 

パスタはゆでる時間が比較的長いので、その待ち時間にほかのことをやろうと思っていましたが、その時間は全く取れず、むしろ手早く仕上げるのがコツでもあるので、全く無駄なアイドルタイムというものがありません。

 

この無駄のない料理という点が僕が非常にペペロンチーノが好きな点です。

 

おまけに安くておいしいし、自分でいうのもなんですが、下手なレストランで食べるよりずっとおいしいと自負しています。

 

さて、こうした片づけとか家事というのは、実はブログのネタの宝庫なんです。

 

仕事もそうですが、段取りとかを考えながら同時にいろんなことをやっていると、思いもかけず記事のアイデアが浮かんだりします。それは、いまやっている家事とは全く関係ない場合も多いです。

 

大げさに言えばインスピレーションです。これまで知られているインスピレーションでも、りんごが落ちるのを見てのニュートンとかアルキメデスが風呂に入ってとか、ちょっと仕事を離れたところで起こっています。

 

つまり、ブログを書けないでパソコンに真剣に向かって、30分もしてダメなら思い切って一旦、パソコンを離れるといいということです。まったく書こうともしないで、書けないという悩みも感じずに単にパソコンを離れてもだめです。

スポンサードリンク





それから、思いついたアイデアは必ずメモしておきましょう。これも重要なポイントです。小さな手帳を常にもっているのもいいし、スマホで記録してもなんでもいいです。自分にあった方法で、必ず則メモを、どんなにくだらないと思っても必ずやる、これが超重要です。またスマホで音声入力して記録しておくとか、ツイッターでつぶやいておくとか、なるべく一石二鳥をねらって、限られた時間を縮めることも忘れてはいけません。

 

もしライン友達がいれば、その友達に知らせておくとか、それもいなければ、自分あてにメールするとか、くどいですが、自分に合った方法がベストで、必ずメモをとってください。メモの取り方も慣れるに従い、記事作成を意識したタイトルに限りなく近くなっていくはずです。

 

ちなみに僕は、Evernoteというアプリをスマホに入れています。これはテーマごとに写真も保存できるし無料だし、重宝しています。無料なのは端末で2個までなのでパソコンには入れていません。

 

理想的にはネタは無尽蔵にある状態、最低でも100は常にある状態に持っていきましょう。

 

そしてブログのタイトルだけでも入れていく。

 

こうした作業を普通に呼吸をしているような感じで無理なくできるようになれば、もはや何を書いたらいいかなどで悩むことはありません。

 

パソコンに座るときは、こうしてたまった情報をアウトプットしていく作業に過ぎなくなるわけです。

 

もちろん、どのような角度から、どのように書いたらいいか、どのように調べるかという問題がありますが、これはネタを見つけることで半ば以上は達成されているので、また別の機会に書こうと思います。

 

20161228 by okkochaan